NO IMAGE

YouTubeに救われた命

  • 2020年2月19日
  • 2020年7月3日
  • Brain
NO IMAGE
YouTubeに救われた命

YouTubeに救われた命

あすたろ
2020-02-19 01:56:45
0 件のレビューがあります
平均スコア ">

死にたい。

つい最近まで頭の中から『死にたい』というワードが頭から離れず、家の階段で首を吊ろうか、首を吊りは楽に死ねるだろうかとか考えていました。

動画シリーズとの出会い

中田敦彦さんの7つの習慣という本を要約しているシリーズ動画出会い僕の考え方やモチベーションは一気にYouTuberの中田敦彦さんの動画でした。本当に救われました…。

YouTuberは命を救える。

僕がそう思えるのは自分が救われたから、別にマナブさんや中田敦彦さんが誰かの命を救おうと動画を作っているわけじゃないです。ただ勝手に救われたんです。自分が勝手に、自分1人で救われた。けど、もし彼らが居なければ僕は今こうして自分が救われた経験なんて書いてなかっただろうと思うわけです。

将来の夢は『お化け』

1998年3月、ごく普通の家庭に生まれた僕は両親が働いていたので保育園に預けられ卒園を迎える頃、将来何になりたいかを同い年のみんなが書く機会がありました。そこで僕は何になりたいのか全く思いつかず、別段サッカー選手になりたいわけでも野球選手なりたいわけでも戦隊ヒーローになりたいわけでもなかったので『お化け』と書きました。今思えば変わった奴ですよ、男の子はみんな、スポーツ選手!パトカーになりたい!消防車になりたい!なんて書いてるのに1人だけお化けなんて書いてる訳で。多分めちゃくちゃ浮いてたんでしょう。

高校を卒業して公務員に

高校を卒業した後、進学するか就職するかの2択で実家が裕福でもないし、妹が2人いたので家族のことを考え就職する道を選びました。ごく普通の県立高校を卒業して、その高校があった町の役場に就職が内定し、ひと安心。家族や親戚も喜んでくれて公務員になってよかったと思ってました。

喜びは束の間

高校卒業して公務員になってこれから安定した生活が送れる。みんな僕に期待してくれてる。頑張ろう!と思って最初の1年を終えました。自分はかなり重度のHSPで周りの空気や視線が気になり疲れやすく、最初はそんなに辛くなかったけど結構ガタがきてました。2年目から不眠症を抱え、朝起きるのが辛くなり朝起きれなくて休暇貰ったり、体調崩して有給休暇使い切ったりしたわけです。そんなことを誰かに相談したら期待してくれてる人たちの信用をなくす。そういう思いで誰に相談するわけでもなく2年目を終えました。3年目吐き気を催しながら出勤、仕事。夜は眠れず何故こんな仕事をしてるんだろう、自分は何者なんだろう。死にたい。そう思うようになりました。仕事にいくのが辛くて身体が動かなくなったので心療内科を訪ねて診断書を貰い病気休暇で半年程実家で休みました。

治らなかったので退職

結局、原因が仕事にあったので仕事を辞めることでしか治療方法がないのではないかと考え、家族にも泣きながら相談し退職を決意。あれだけ期待してくれてたのに…と申し訳なさで心が押しつぶされ苦しい気持ちになりました。今でも思いだすと苦しいくらいに覚えてます。

仕事がトラウマに

退職後は特に何かをする気持ちになれませんでした。人間関係に疲れて人と会うことも、誰かからの視線が嫌で外に出るのも拒み、実家から出ずにパソコンでゲームして、動画みて、寝るだけの生活が半年くらい続きました。それくらい家にいると流石に家族に申し訳ないと感じるようになり仕事をするかー、と思いましたが、やはりトラウマが蘇り仕事をするのが怖くて逃げました。

ワーホリでドイツへ

幸いな事にドイツに叔父がいてそこで飲食店を経営していたのでそこにワーキングホリデーで約1年お世話になることを自分の意思で決めました。飲食店の手伝いをしながらやりたいことを探す。そんな中途半端な意思で。お世話になる以上手伝いを頑張ろう。身内だったので目線が気になることも疲れることもないだろうという気構えで仕事をしていたのでトラウマが蘇るなんてことはありませんでした。

性格を否定される

自分は叔父やその妻に自分の過去を話しました。どうしても他人の目線が気になるし、疲れるというと、性格が暗すぎるから明るくしてと一蹴。それをほぼ毎日言われました。人って自分の性格を否定されるとかなり傷つきますよね…。その言葉で自分の生きる意味を再度失いました。また死にたいと思うようになり、だけど家族に迷惑かけちゃダメだ、自分で決めたことなんだし頑張ろう。そのうちなんとかなるだろう。と自分を押し殺して明るく振る舞い仕事を頑張る日々を約3ヶ月。

死にたい。

結局性格が変わるわけでもないし寧ろ一向に暗くなったと思います。いつ何時も死にたいというワードが頭から離れません。仕事に集中できずに皿を大量に割ったり、死んだ顔してお客さんに料理を渡したり。もう本当に夜1人で泣いてました。21歳の大人が毎夜毎夜泣いてるんですよ。ええ、本当に辛かった。だから気を紛らわせるためにYouTubeで動画を見ることしました。動画を見ている間は何も考えることなく動画に集中できて死にたいというワードがその時だけは頭から離れていたような気がします。

中田敦彦のYouTube大学

そこで1つの動画に出会いました。中田敦彦のYouTube大学という有名なチャンネルの7つの習慣という本を要約してくれてる動画シリーズを全部一気に見ました。『思い浮かべてください。葬儀会場。そこには棺桶があります。その棺桶に入っているのはあなたです。葬儀に参列している人を思い浮かべてください。誰が居ますか?そして弔辞ではあなたのことをなんと話していますか?想像してください。弔辞であなたはなんと言われたいですか?それがあなたの本当のやりたいことです。』言われた通りに想像したんです。だれの顔も思い浮かべられなくて、けど家族がいたらいいなとか、あなたが居てくれてよかったな、なんてことを言われたいなとか、思いました。本当に泣きました。自分って今死んでも何も言われないし、家族を悲しませるだけじゃないかと、今まで誰一人として自分一人さえも幸せにしてないじゃねーか。って思いました。もう嬉し涙なのか悔し涙なのか、わからないけどその時めちゃくちゃポジティブな気持ちになって。死にたいと思うことは辞めました。

世界中の人を幸せにしたい

それが今の僕の夢です。そんな大きな夢があります。大きすぎて何からしたらいいか分かんないけどインターネットの時代だし同じ境遇の人を1人でも多く救えるようなサービスを運営したいなと思いました。僕が今思いつくのはその程度です。今から世界中の人を幸せにするためにまず周りの人、家族、お世話になった叔父、親戚、知人、友人。そういう人たちから幸せにしていきたいと。そのためにはまず自分が幸せじゃないと、誰かを幸せにすることはできないです。まずは自分を満足するまで幸せにして、満足したら自分の幸せを誰かに分けられるそんな人生を送りたいと心に誓います。

有料記事にはしませんが、最後まで読んでくださった方が少しでも僕の考えや夢を応援したいと思ってくださるのであれば購入いただけると幸いです。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG