BRAIN強化術 脳内物質を操る方法

  • 2020年10月4日
  • 2021年6月2日
  • Brain
BRAIN強化術 脳内物質を操る方法

BRAIN強化術 脳内物質を操る方法

ハチ
2020-10-04
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

ミスの原因となるものを主に4つ

1、集中力の低下

2、ワーキングメモリーの低下

3、脳疲労

4、脳の老化

これらを根本的に改善しようというのが本書です。そもそも人間のミスはなぜ起こると思いますか?注意力不足、集中力不足それは正解なのです。しかし、もっと根本的に集中力がどうして不足してしまうのか、どうしてなくなってしまうのか、というところを探っていきます。ミスの原因は神経伝達物質の不足です。特にその中でもノルアドレナリンは恐怖や不安などの過剰なストレスや継続する事で、過剰に分泌され、枯渇してしまいます。そしてセロトニンと言う物質も低下して、イライラ、意欲低下につながります。悪化してくるとノルアドレナリンもセロトニンも出なくなってきて、うつ病になってしまいます。ミスを多くしている人は、うつ病の一歩手前の状態だと認識してください。ミスをするというのは、体からのサインです。このままじゃやばいという警告です。だからこそ最近ミス多くする人は、睡眠時間を見直して欲しいです。誰でも30分しか寝ていなかったらミスして当然です。だからこそミスをしているという事は生活習慣の見直してください。

「睡眠時間を確保しろ。」なんて言われても、「仕事が忙しくてそもそも睡眠時間を確保できない状況なんだ。」と「ストレスをから避けることなんてできない。」そういった人だって多いと思います。そこで、すぐ生活に取り入れることができる、3つの方法を紹介します。


1、一点集中タスク術

最新の脳科学によると人間はマルチタスク(複数の作業を同時にやることに)に向いていないことがわかっています。マルチタスクは、テレビを見ながら勉強するといった行為のことです。これは別々のことを同時にやっているのではなく、テレビを見る、勉強する、テレビを見る、勉強する、を高速で切り替えながらやっているにすぎません。そしてこうした切り替えをすることで、脳には特大の負荷がかかってしまっています。結果ミスをしてしまうということです。作業中にメールや電話の確認をする、こういったマルチタスクを行うだけで、IQが10ほど低下します。この数値はマリファナを吸引したときの2倍に匹敵するほどに低下してしまうということが明らかになっています。マルチタスクを行うと、ストレスホルモンが過剰に分泌されてしまいます。ストレスホルモンは記憶を司る海馬に対して、著しい悪影響を及ぼして記憶障害の原因になっています。ずっとマルチタスクをやり続けると海馬の萎縮につながってしまいます。仕事をするときは一つ一つこなしていきましょう。メールやLINEの確認も、時間をとって、その時間にだけ確認するようにしてください。

よく音楽を聴きながら勉強すると、うまくいくと言う人がいます。音楽の効果は研究によって明らかになっています。学習や記憶読解の他の仕事に対してはマイナスに働いてしまいます。しかし、作業や運動に対してはプラスに働きます。単調な作業や運動しながら音楽を聴くようにすれば、作業スピードのアップだったり仕事に対するストレスをへらしたりするのでお勧めします。おまけで、デュアルタスクと呼ばれる魔法の脳トレを紹介します。簡単な脳トレの問題を解きながら、ややきつい有酸素運動を行うというものです。これによって前頭葉の血流が増加し、集中力・注意力の上昇に向上しにつながります。非常に有効な方法ですので、日ごろ運動している人は、その間に脳トレをしてください。これだけでいいので取り組んでもらえたらと思います。

2、スリーポイント勉強法

研究でメモの取り過ぎは逆効果だとわかっています。メモを取ること自体は非常に良いことです。メモを手書きで取ることで集中力の増加につながります。しかし取り過ぎは理解を妨げます。ではどうすればいいのか?

そのための勉強法がスリーポイントなのです。まず授業やセミナー、本を読む前に、自分が知りたいことを3つ書き出しておきます。「この3つのポイントだけは聞いて帰るぞ」と固く意識しておくわけです。そうすることで、緩急をつけながら効率よく集中して話を聞くことができます。効率の良い聞き方ができるようになってきます。3つのポイントだけに絞ることが大切です。欲張りすぎると結局何が聞きたかったのか分からなくなってしまいます。人間の脳のキャパシティーは3つ位がちょうどいいのです。おまけの効果もあります。この方法を使うと、話の流れが理解しやすくなりますので、その他の情報もなんとなく頭に残ります。その3つのポイントだけではなくて周りの周辺知識も入ってきます。最初は3つのポイントだけに絞って集中して聞く。それを意識して集中してください。


ウルトラディアンリズム時間術

集中力が落ちる時間は決まっています。ミスをしないためには、最も集中できる時間に、ミスをしやすい仕事をしていきましょう。そのミスをしない時間、最も集中できる時間は起床後2時間と言われています。これが脳のゴールデンタイムです。「たった2時間しかないのかよ」と思うかもしれません。安心してください。この時間は延長することができます。そのためには起きた後のテレビやLINEのチェックをやめましょう。起きたらすぐ仕事で缶詰状態。これが理想的です。他のことに余計な処理能力を使うマルチタスクをやってしまうとゴールデンタイムはすぐに終わってしまいます。一点集中でずっときれいな机のままで突っ走りましょう。これによってゴールデンタイムは延長することができます。人間の集中力は90分前後が限界なのです。もし「90分超えても集中できますよ」と言う方もいるかもしれません。しかし集中力はやはりだんだん落ちてきます。そして集中力が落ちてきたそのタイミングでミスが起こってしまう。だからこそ疲れを感じたなら最初に行うべきことは休憩です。この休憩も5分から10分程度の短いものでいいのです。それだけで集中力というのは回復します。集中できていると思っても、集中力は落ちてきているかもしれません。だからこそ90分前後勉強したなと思ったら意図的に意識的に休憩を入れるようにしましょう。パワーナップという回復法があります。5分から15分程度の短い睡眠をとる方法です。完全に熟睡する必要はなくて、目を閉じるだけでも充分なのです。これをすることによって集中力が劇的に回復するというのがわかってきているので、ぜひ取り入れてみてください。ウルトラディアンリズムは生物にもともと備わっている本能的なものです。克服することは不可能と言われています。日ごろミスで悩んでいる方は、ぜひ90分前後で休憩を挟むという習慣を取り入れてください。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG