英語が苦手な中学生の子のための勉強法②~一般動詞の作文で自信をつける

  • 2020年2月10日
  • 2020年8月16日
  • Brain
英語が苦手な中学生の子のための勉強法②~一般動詞の作文で自信をつける

英語が苦手な中学生の子のための勉強法②~一般動詞の作文で自信をつける

文系先生
2020-02-10 14:17:29
0 件のレビューがあります
平均スコア ">

1 前回の記事まとめ~主語という概念(考え方)を3日程度かけてお子さんに心の底から理解してもらう。

 これができれば、中1英語のunit1はあっという間にクリアーできる。そして、(地方の一般的な中学校なら)夏~秋にかけて勉強する三人称単数の作文もこわくない。

 英語はライティング(書く)、リーディング(長文読解)からリスニング(聞く)、スピーキング(話す)へと表面上はシフトしている。

 しかし、中学程度の文法すら理解せずにスピーキングやリーディングは無理だ。少なくとも受験はなんだかんだで文法は大事だ。

まずはとにかく主語という概念を理解することこそ英語で躓かない第一歩だ。

2 一般動詞で作文をさせまくる&丸付けをしてあげる。

 主語がちゃんとわかったら次は、動詞だ。動詞は、Be動詞より一般動詞から勉強した方が絶対に良い。Be動詞を正しく理解することはかなり難しい(存在・状態を表すなどと説明した日にはお子さんと英語の距離が離れてしまう)。一般動詞から勉強して、Be動詞は一般動詞を使わないときに使うもんだ程度の理解で最初は十分である。Be動詞は理解しにくいが一般動詞ならどの子でも理解しやすい。

※確認:一般動詞=動作を意味する単語のこと。例えば、play(①遊ぶ、②音楽、体育などをする)run(走る)、eat(食べる)など。

 一般動詞の作文のやり方は具体的には以下である。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG