未経験から年収1000万のフリーランスになる為の禁断の教科書_デラックス

  • 2020年2月4日
  • 2020年3月24日
  • Brain
未経験から年収1000万のフリーランスになる為の禁断の教科書_デラックス

未経験から年収1000万のフリーランスになる為の禁断の教科書_デラックス

クラウドもっちー
2020-02-04 16:08:36
0 件のレビューがあります
平均スコア ">

未経験から年収1000万のフリーランスになる為の禁断の教科書

こんにちは、現役フリーランスエンジニアのクラウドもっちーです。

突然ですが、今の仕事に満足していますか?  

いまのお給料は十分ですか?サービス残業していたり、上司との人間関係に悩んでいませんか?  

いまのままでもいいけど、将来のキャリアを考えるとぼんやりと不安になりませんか?  

そして、今あなたはプログラミングを勉強して最終的にはフリーランスなりたいと考えていますね?


想像してみてください。あなたがなりたい最高のフリーランスってどんな状態ですか?


自由な働き方だったり、高い収入だったり、やりがいのある高度な技術の仕事だったり。


そしてこの「未経験から年収1000万のフリーランスになる為の禁断の教科書」にたどり着きました。


これはもう、運命かもしれません。


まさに「Brain」という新しい知識共有プラットフォームにたどり着いたあなたは、とても情報感度が高い賢い人です。


この教科書は未経験からプログラミングを勉強して人生逆転したい人の為に存在します

あなたみたいな感度が高く効率的に知識を得たい人の為に、絶対的に役に立つ情報を提供する事をお約束します。


この教科書は何を解決できるのか?


皆さん今の職場に満足していますか?


自分はプログラマーになる前は汚い工場で働いて、少ない給料とイケてない上司にうんざりしていました。

そんななか安易にこれからの時代はプログラミングだと根拠もなく信じ込み未経験で転職しました。

なので、いまの皆さんのプログラミングを勉強して将来フリーランスで逆転したい気持ちわかります。


本音をいえば、なんとかしたいのに、やり方も分からなければ、チャレンジする勇気もでない。

いざ転職を考えても成功するか分からない。生活もあるし、仕事も辞めれない。

結局、日々の仕事のストレスで消耗してしまって、勉強する意欲すら湧いてこないのが現状だと思います。


自分も同じ状況だったので、その気持ち痛いほど分かります。


そして今やIT業界14年以上、フリーランス歴4年の現役フリーランスエンジニアに成長しました。

なので具体的に自分の経験と実績によって、一番効率の良い再現性のある有益な答えを持っています。


この教科書では具体的に、未経験からプログラミングを勉強して、フリーランスエンジニアになるまでの道筋、ロードマップを提供します。


その各ステップで、具体的にどうしたら良いのか?

失敗しないためにはどうしたら良いのか?

努力の方向性を間違えずに、正しく進めるのか?


このような初心者が陥りがちな疑問、ミス、失敗を事前に回避する方法を提供します。


この実績と経験に裏打ちされた「未経験から年収1000万のフリーランスになる為の禁断の教科書」で、みなさんの悩みを圧倒的に解決いたします。


自己紹介

はじめまして、現役フリーランスエンジニア、フリーランスライフコンサルタントのクラウドもっちーです。

自分の経歴を紹介します。

経歴、肩書

* IT業界14年
* フリーランス歴4年
* 現役フリーランスエンジニア
* DevOpsエンジニア
* クラウドインフラエンジニア
* サーバーサイドプログラマー
* フリーランスライフコンサルタント


所有スキル

* AWS 上級レベル
* GCP 上級レベル
* PHP 上級レベル
* C# 上級レベル
* HTML,CSS,JavaScript 中級レベル
* Linuxの知識 上級レベル
* Web系企業での業務知識 上級レベル


自分のフリーランスへの道のり

自分の今までの歩みですが、未経験からプログラマーとして25歳の時に転職しました。

しかしそこが組み込み系企業でブラック企業だったのです!

連日の徹夜作業、パワハラ、メンタルがダウンして超絶疲弊していました。

さらに追い打ちをかけるように、東日本大震災で札幌に戻ってニートになりました。

しかし人生諦められないと、再起をかけて再度プログラマーに復帰!

持ち前の行動力と努力で、見事Web系企業へ転職成功させました。

その後はフリーランスになるべく、AWS,GCP,PHP,C#,MySQL,Linuxの知識,Web系の業務経験を重ねました。

現在フリーランスエンジニアとして4年以上案件が途切れる事なく活躍しています。

そして現在は自宅リモートワークで比較的少ない労働時間で高単価を稼いでいます。

なので、現在進行系でフリーランスエンジニアとして、収入もライフスタイルも充実した環境を手に入れている状態です。

なぜこの教科書の内容の信頼性が高いと言えるのか理由

なぜこの「未経験から年収1000万のフリーランスになる為の禁断の教科書」は信頼性が高い高いと断言できるのか?


自分はレベルの高いWeb系企業でフリーランスエンジニアの仕事をしていました。

そして現在はそのWeb系企業の時より単価が高い仕事をしています。

しかも、今はリモートワークで自由に時間を使って働ける環境にあり、ストレスフリーな状況です。


フリーランスとして高収入と自由な環境を手に入れていて、

フリーランスという働き方がコスパと価値が高い事を十分に経験値として知っています。

なので、この教科書で具体的にフリーランスになる価値を語る事が出来るのです。


技術的な面では、AWS,GCPと幅広いクラウド技術を深く業務レベルで獲得していること。

ゲームAPIを作れるくらいの高いプログラミングレベルを有している事。

複数のプログラミング言語と周辺知識に長けている事。


これらの高いプログラミング知識により、未経験者が、どのようなプログラミングを選択すべきか。

どんなやり方で勉強をすると、効率がよく、諦めずに習得できるのかを知っています。


仕事以外ではフリーランスエンジニアチームリーダーをしていて、イベント、飲み会を企画運営していること。

多数の人の背中を後押しして会社員からフリーランスエンジニアへの転身を助けた事。

フリーランスエージェントを紹介して、面談のハードルを下げてあげた事。


このような活動をしていますので、フリーランスに関する生の生きた情報が常に自分にインプットされる状況にあります。

会社員からフリーランスエンジニアへの具体的な転職の仕方を知っています。

どんなフリーランスエージェントがおすすめなのか。どんな営業活動をすれば仕事が途切れないのか。

不安定と言われるフリーランスでも4年以上案件が途切れる事なく、安定的にフリーランスが出来るのか。

フリーランスとしてのレベルが高いので、未経験からフリーランスエンジニアになるまでの

一貫した価値ある情報が提供できるのです。


この一貫した正確な情報を提供できる人は中々いません。

なのでこのコンテンツは、はっきり言って「10万円以上の価値」があります。


期間限定の3大特典 

「Brain」リリースを記念いたしまして、期間限定の三大特典を用意しました。

特典その1: 期間限定の割引価格
特典その2: 無料の個別コンサルタント、悩み相談
特典その3: 追加コンテンツ「積み上げ式 フリーランスお悩み相談室」

特典その1 -- 期間限定の割引価格 --

特典価格として、今回は特別に期間限定で通常価格99800円→期間限定59800円で販売します。

期間は公開から1ヶ月です。1ヶ月後には通常価格に戻す予定です。

この教科書にはコースが3種類あります。

■ デラックス :99800円 -> 59800円 40%OFF (全7章+追加コンテンツ&悩み相談無限&メンバー限定オンラインチャット)
https://brain-market.com/u/freemotio/a/bQjMyAjMgoTZsNWa0JXY
■ フルサポート:29800円 -> 19800円 33%OFF (全7章+追加コンテンツ&悩み相談1回)
https://brain-market.com/u/freemotio/a/bgDO3gTMgoTZsNWa0JXY
■ エコノミー :19800円 -> 15800 円 20%OFF (全7章のコンテンツのみ)
https://brain-market.com/u/freemotio/a/bcTNyAjMgoTZsNWa0JX

特典その2: -- 無料の個別コンサルタント、悩み相談 --

無料の個別コンサルタント、悩み相談を特別に特典としてサービスします。

ラインなどのメッセージか、ライン通話での直接会話などで行います。

サポート回数は1回とさせて頂きます。

内容はプログラミング学習の事やフリーランスになりたい時の困りごと、相談、知りたい情報の質問などです。

特典その3: -- 追加コンテンツの「積み上げ式 フリーランスお悩み相談室」 --

個別コンサルタントでのお悩み相談をコンテンツとして随時更新していきます。

つまり、現在進行形の困っている事と、それを解決するための方法がどんどん積み上げ式に増え続けて行きます。

これは相談者は悩みが解決できて、他の購入者は事前にありがちな悩みを解決できます。

著者の私は相談者以外の方へも発信する事ができて、より価値のあるコンテンツを提供できます。

三方良しの「 WIN - WIN - WIN 」のなのでよいかなーと思ったのです。

そろそろ本編のコンテンツが始まります。

その前にこの「未経験から年収1000万のフリーランスになる為の禁断の教科書」を作った理由を語ります。


なぜこの教科書を作ろうと思ったのかというと、プログラミング学習とフリーランスエンジニアへの道は間違った努力をすると、

時間がかかるだけではなく、プログラミングに挫折したり、フリーランスエンジニアになれなかったりするからです。


この教科書の中の方法を知らないで、プログラマーやフリーランスエンジニアを目指すと、間違ったプログラミング言語を勉強したり、勉強や努力の方向性を間違えて、無駄な時間を過ごしたりする可能性があります。

フリーランスエンジニアになれるスキル習得度を間違えると、フリーランスになってもすぐに収入が途絶える状況になることもあります。


そんなエンジニアをたくさん見てきたので、皆さんにはそんな失敗を絶対にしてほしくないと思って、この教科書を書きました。


そして、正直にこの教科書のメリット、デメリットも先に提示しておきたいです。


■ デメリットと現実

* 未経験者用のコンテンツなので、すでに上級者の人は合わない。
* いきなり未経験から直ぐにフリーランスになれるわけではない。
* あたりまえですが、実践と努力伴わないとプログラミングスキルがつかない。


■ メリット

* 迷わずにプログラミング学習ができる。
* フリーランスエンジニアに必要なスキルを見極められる。
* 失敗しない方法を事前に知れる。
* 直接個別相談ができる。
* 現役フリーランスエンジニアの経験を元にした確かな情報が得れる


■ どんな人に買ってほしいのか?

例えばこんな人。25歳の新入社員3年目。第二新卒ももうそろろ終わって、転職しそこねた。

今の仕事辞めたいけど、手に職もないし。

そんなときに出会ったプログラミング。


身につけると売り手市場で引く手数多らしい。

フリーランスエンジニアになると、収入もいいらしい。

なりたい。でもどうしたらいいのか・・・


■ プログラミングを学んでフリーランスになるとどうなるのか


この教科書の通りにプログラミングを学んで、今はフリーランスになって1年目。

収入も以前の2.5倍になったし、会社員としての出世競争とも無関係になって、人間関係のストレスも激減した。

今は需要が多い言語のスキル中心に仕事をしているから、割と安定性もある。

フリーランスになって本当に良かったと思っている。


皆さんにはこんな人生を歩んでほしいです。


さて、そろそろ本編のコンテンツを提供します。

全部で7章+追加コンテンツのたっぷりのボリュームになっています。


第1章 フリーランスエンジニアはコスパ最強の高収入ジョブ
第2章 初心者が選ぶべき簡単で将来性があるプログラミング言語とは?
第3章 勉強編 プログラミングスクールか?独学か?いきなり〇〇か?
第4章 転職編 転職するには武器を揃えろ!ひのきのぼうより、はがねの剣
第5章 会社員編 残業ぜずに、自分のスキルアップの為だけに働け
第6章 会社員編 スキルを見極めてフリーランスの準備を進めろ
第7章 フリーランス編 最短距離でフリーランス案件を得る方法
追加コンテンツ 積み上げ式 フリーランスお悩み相談室



自分が考える一番失敗の少ない確実なステップアップの方法は以下の順番です。


フリーランスの良さ知る → プログラミング言語の選択 → 勉強する → 転職時の武器を揃える → 会社員として働く → スキルを1-3年磨く → フリーランスになる


言葉に並べると簡単ですが、これらの各ステージでは失敗ポイントと罠がたくさんあります。

各ステージでの必要な知識と効率よく失敗しない為の知恵、経験を章立てて解説する構成になっています。


追加コンテンツの悩み相談は、個別相談とメンバー限定オンラインチャットできた質問などについて、

随時アップデートをかけて内容が追加されていきます。

このコンテンツを育てて、色褪せない教科書として育てていく所存でございます。


それでは以下から本編のコンテンツです。


第1章 フリーランスエンジニアはコスパ最強の高収入ジョブ。現代版の侍か大名クラス


そもそもフリーランスって何?って思ってる方いますよね。

どんな仕事する?税金は?みたいな。


そんなありがちな疑問フリーランスの光と闇を本音とホントの情報で解説します。


Q: フリーランスとはなに?

会社に雇用されずに、個人で仕事を受注して収入を得る働き方の事です。

主に、プログラマー、デザイナー、ライター等、パソコンを使う仕事が多い傾向です。


Q: どんな仕事するの?

会社に出社して仕事をするタイプのフリーランスプログラマーは基本会社員で働くのとやることは変わらないです。

普通に通勤して、チームのデスクに座って、プログラミングをして、作業報告をして帰る。本当に同じです。


リモートワークで仕事をする場合は自宅かカフェでパソコンを広げてプログラミング作業をします。

会話はチャットで、音声で会議したいときは、ビデオ通話をします。

遠隔で仕事をするので、メリットとデメリットがありますが、慣れるとリモートワークはコスパ最強です。


Q: 税金はどうなってるの?

確定申告をして税務署に提出します。

いまはオンラインソフトの会計Freeeがめちゃくちゃ優秀なので、会計の知識はほぼ入りません。

1年目は覚える必要がありますが、次の年からは楽になります。


Q: 年収はどれくらい?

大手エージェントのレバテックフリーランスによるとフリーランスエンジニアの平均年収は862万円です。

これは東京近郊の首都圏の年収なので、地方都市(大阪、名古屋、札幌)では100-200万円程度下がる傾向にあります。


Q: フリーランス案件って何があるの?

自分は、スマホゲームの裏側のプログラミングの仕事をしてきました。

PHPを使ったプログラミングです。

AWS,GCPといったクラウドインフラサービスの技術も得意だったので、インフラエンジニアの役割も同時に担っていました。

現在はPHPでWeb系ベンチャー企業のWebサービスを作るお仕事をしています。


現在ITエンジニアの需要が高まっていますので、ありとあらゆる案件が市場にあふれていて、

フリーランスエンジニアは需要が高い売りて市場の状態です。

なので様々な案件を選択することが出来る良い状況ですね。


案件の種類は大きく分けてWeb系と業務系の2つに分かれています。

皆さんにはWeb系を目指してほしいです。

Web系とはメルカリなどのフリマアプリシステム、TwitterなどのSNSチャットサービス、PayPayなどの電子マネー、zozoなどのオンラインショップ

このようなパソコン、スマホでポチポチするサイトを作っている業界の事です。

これらはすべてプログラミングで動いています。

この裏側で動いているプログラムを作る仕事がフリーランスエンジニアの仕事になります。


Q: フリーランスの実態はどうなの?

フリーランスって実際どうなの?儲かるの?でも不安定なんじゃないの?と色々疑問に思いますよね。


実際にフリーランスは良いのか?悪いのか?


結論は、会社員で20-40万円の手取りしか貰えてないならば、今すぐフリーランスを目指すべき。

フリーランスは不安定などの全てのデメリットよりもメリットのほうが大きく上回ります。


フリーランスの実態はそこそこ普通のスキルがある人であれば、ちゃんと継続して収入を得れるし、そこまで不安定ではないです。


Q: 未経験でもフリーランスになれるの?

結論はプログラミング未経験ではフリーランスエンジニアにはなれません。

企業から仕事を受けるには業務レベルのプログラミング技術を持っている事を客観的に示す事が必須です。


一番確実で手っ取り早く示す事ができる材料。それは 「業務経験○年」という実績です。

なので、会社員として最低1年でも働いた経歴というのが重要になってくるのですね。


でもプログラミングスクールで勉強しています!ってのも実績じゃないか!と言いたい意見ありますよね?

その気持ち分かります。


プログラミングスクールで勉強した実績も素晴らしいですが、それだけではフリーランスになるための材料としては弱いです。


勉強した事を元に、自分で作ったサービスや成果。プログラミングについての情報発信。

実際にクラウドワークス等で、未経験ながら受注した実績。友人、知人から頼まれて作ったWebサービス。

色々なアピール材料が必要になります。

これらの実績を作る事で業務が未経験でもフリーランスになれるかもしれませんが、おすすめしません。

まずは企業に就職する事を目指すのがセオリーです。


Q: フリーランスエージェントて何?

自分でフリーランスの仕事を探すって最初のうちは辛いですよね?

そんなに仕事をくれる社長も人脈も普通はないですよね。

そこで仕事を紹介してくれるのがフリーランスエージェントです。

フリーランスエージェントは個人の人脈以上の多数の企業の案件を抱えていて、

仕事を受けたいフリーランスに仕事を紹介してくれます。


Q: 年齢制限とか遅いとかあるの?

フリーランスになるには年齢は関係ありません。

プログラミング学習もいつから初めても問題はないでしょう。

40歳から未経験プログラミング学習を初めても良いのか?50歳では?

自分としては何歳から初めてもきちんとプログラミングスキルを業務レベルまで習得できれば、

何歳からでもいいと思います。


しかし世間の現実は若く伸びしろのある労働力を求めているのが現実です。

40代,50代の人より、20代、30代の人から雇う傾向にあるのが事実ではあります。


30歳以上だとプログラミングスクールの就職紹介サービスが受けれない所が多いです。

40歳以上だと業務経験がない人の就職先の窓口はかなり狭いのも現実です。


なのでなるべく早くにプログラミング学習を初めて、最初の就職を勝ち取るのがおすすめです。


Q: どのプログラミング言語が良いの?

第2章の初心者が選ぶべき簡単で将来性があるプログラミング言語とは?で詳しく解説しますが、

目指すべき業界で使われる言語が良いでしょう。


目指すべき業界というのは、ズバリWeb系業界です。

理由は皆さんが想像する高収入でイケてるキラキラしたフリーランスエンジニアというのはWeb系業界で活躍するフリーランスだからです。

ですので、皆さんがまず目指すべき方向性はWeb系業界なのです。


Web系業界でよく使う言語は以下です。

* ruby
* php
* python
* HTML,css,javaScript


なぜこれらの業界と言語が良いのかは第2章で詳しく解説します。


Q: 大学生でプログラミング勉強しています。就職せずにいきなりフリーランスってできるの?

在学中にWebサービスを作ってヒットしている、すでに単発で小さな仕事を何個も受けているなどの実績が

あったりすると、もしかしたらいきなりフリーランスになれるかもしれません。


大学生ですでに大きく稼いでいたり、ベンチャー企業に入ったり、ベンチャー企業を立ち上げたりしている人もいますよね。

今回はそういうすでに大きく成長している人の事は考えません。

そんなパワフルな人は圧倒的に小数派で少ないからです。


この教科書では未経験から普通の人がプログラミングを学んでフリーランスになるまでの道しるべです。

普通の人はまず、プログラミング学習の成果をもとに企業に就職する事を目指すのが近道です。


以上、ざっくりとフリーランスにまつわる疑問、質問に答えていきました。

ほかにもこんな事やあんな事がわからないという方は特典の個別相談できいてみるのもよいかもです。

誠心誠意対応して質問、疑問を全力で答えます。


フリーランスのメリットとデメリットについて本音と本気で実体験ベースで解説


今から伝える情報は自分自身の経験から実際に感じたフリーランスのメリットです。

単純にネットで調べた情報ではありません。

実際に14年のITエンジニアの経験と4年のフリーランス経験から感じている情報です。


フリーランスのメリットは以下の点になります。


* フリーランスになると、収入がめちゃくちゃ増える
* フリーランスになると、副業し放題
* 節税できる
* 上司、部下など会社関係の人間関係の悩みが無くなる
* 定年退職がない
* 好きな技術で勝負できる
* 意外と安定してる


それでは一つ一つ理由と実体験ベースの具体例を解説します。

フリーランスになると、収入がめちゃくちゃ増える

理由は会社に搾取されていたマージンが無くなるから


実体験ベースの具体例でいくと、自分の場合は会社員時代は手取り25万円でしたが、フリーランスになった初月から月収が50万円になりました。

いきなり2倍です。

なぜフリーランスはこんなにも単価が高いのでしょうか?

単純に札幌のフリーランスエンジニアの一ヶ月あたりの市場価格が50-60万円だったからです。

首都圏エリアでは60-80万円です。価格というのは需要と供給で決まるので、単純です。


じゃあ逆に、会社員の給料はなぜ低いのか。

それは社会保険料のお金と会社の貯金内部留保用のお金、働かないオジサンの高めな給料分を払う為のお金

これらのお金を確保したうえで残りカスのお金を新入社員や平社員に分配しているからです。

つまり少なくて当然なのです。それに経営者は不満がでるか出ないかギリギリセーフの所を狙って給料を設定します。

なので、平社員の会社員でいるかぎりはフリーランスと同じ収入は得ることができません。

需要と供給できまる価格ではないのです。


フリーランスになると、副業し放題


理由はフリーランスは一人社長の個人事業なので、仕事の掛け持ちも量も自分で決める事ができるからです。


会社員であれば副業禁止とか副業OKとか就業規則で規定されていますよね。

フリーランスの場合は雇用関係ではないので、就業規則は関係ありません。

仕事の掛け持ちも量も自分で決めれるし、複数のお客様と仕事があるほうがそれだけ安定します。

自分のWebサービスをつくったり、ブログで情報発信したり、自由です。

むしろ複数からの収入源を確保してリスク分散するほうがビジネスとしては正解です。

なのでどんどん副業をすべきですし、企業側から副業を制限されることなどありません。


節税できる

理由は自分で確定申告をするからです。

確定申告とはなんぞや?とおもうかもしれません。

簡単にいうと、経費がこれだけかかったので、税金をかけれる利益はこれだけしか有りませんでしたって、税務署に書類を提出することですね。

フリーランスは勉強会の参加費、懇親会の飲み会費用、書籍代、パソコン、仕事で使うお金、お客様との食事など、仕事にかかわる費用を経費に入れることで大きく節税ができます。

上司、部下など会社関係の人間関係の悩みが無くなる

理由はもうその会社に依存しなくて良くなるからです。


なぜ会社員はダメな上司にも我慢してヘコヘコ言うことを聞かなくてはいけないんですかね?

なぜって、上司は人事権、評価する権利、仕事を指示する権利を持っているからですよね。

嫌われると会社の立場が悪くなって、働きづらくなるばかりか、評価も下がれば出世できないし、収入があがりません。


一方フリーランスはどうかというと、人事は関係ないし楽。

評価は市場評価ベース。

需要と供給によって価格がきまります。

つまり自分自信がちゃんと業務をこなすだけのスキルを持っていればいいだけの事です。

過剰な会社内の評価、会社への貢献度などは不要です。

仕事の範囲も契約書ベースで決めればよいのです。

その会社には依存する事は全くしなくていいのです。

嫌なら次の案件を受けて、いまの仕事はこっちから切ればいいのです。


たとえ、嫌なメンバーや上司がいたとしても、このプロジェクトが終わるまでと考えれば楽なもんです。

もし耐えきれないほど嫌な人間関係がある案件だったら、途中でやめて、次の案件を受注するだけの事です。


定年退職がない

理由は何歳まで働くのかは自分次第だからです。


会社員であれば、55歳で一旦やめさせられて、再雇用されるって知ってましたか?

なんと其の際に給料がめっちゃ下がるそうです。さらに60歳、65歳でさらにもっと下がるそうです。

なにその制度。辛くないですか?


それに比べてフリーランスは特に定年という区切りはないです。

60歳になる頃には信頼できる顧客が複数箇所あって、安定的に仕事を受注している状態になっています。

プログラマーも60歳超えても全然できるはずですし、経験値がむしろ溜まっています。


まあ60歳になるまでには自分のWebサービスやビジネスを持った状態にして、

働かなくても収入が入って来る状態を作るのがベストですよね。


好きな技術で勝負できる

フリーランスは自分の得意なプログラミングや分野の仕事で勝負することができます。


理由は案件を自分で選ぶからです。


フリーランスというのは仕事内容ベースで契約しますから、初めからやりたくない仕事を避ける事ができます。

例えば古臭い技術を採用している企業は避けるとかできます。

やりたくない仕事は受けないこともできます。


会社員の場合はやりたくない仕事もやらなきゃならなかったり、転勤したり、別のプロジェクトに回されたり、色々ありますよね。

プログラマーになってスキルを伸ばしたいのに、いつまでもテスト作業ばかりやらされたりします。

ひどい所だと、営業をいきなりやれと言われたり、介護職部門に飛ばされたり。

なにこれっっていう実際の話しありますよね。


フリーランスにはそういうしがらみは皆無です。完全に自分の好きな技術で勝負できます。


意外と安定してる

よくフリーランスは収入や仕事が安定しないとネットでは言われますよね。


それ嘘ですよ。


普通に需要と供給を満たす業務レベルのフリーランスが食いっぱぐれる事はまずありません。

普通に毎月収入が入ってくるし、殆ど途切れる事もないです。


自分の場合は4年以上フリーランスをやっていて、仕事と収入が途切れた事は一度も有りません。

ほかのフリーランス仲間通常時にそんな不安定だとか聞いたことはありません。


しかし、例外があります。リーマンショッククラスの不況があったときです。

このときの大不況が起きた時は普通レベルのフリーランスでも仕事が切られる事が多々あったそうです。

しかし、きちんとした仕事をそれまでにやって顧客の信頼をつかんでいれば、

知り合い経由の仕事をもらったりして仕事をすることは可能です。


以上実体験ベースに基づくメリットの解説でした。


フリーランスになるためのロードマップ


次の第2章からは具体的なステップ毎の解説になります。

未経験からプログラミングを勉強して最終的にフリーランスになるためのベストな順番は以下の通りです。

1. プログラミング言語と方向性の選択
2. プログラミングスクールor独学で勉強
3. 転職活動に必要な武器を揃える
4. Web系開発業界に雇用される。正社員、非正規雇用、アルバイトを問わず滑り込む
5. スキルアップ期間 1-3年でフリーランスとして耐えれるだけのスキル身につける
6. フリーランスに必要な前準備、節税、マインドを整える
7. フリーランスエージェント経由で初めての案件を獲得する。


このロードマップの各ステップについて経験値ベースの具体的な方法と失敗しないためのコツ、テクニックを詳しく解説します。

それでは次の章からが本番です。頑張って参りましょう!!

第2章 初心者が選ぶべき簡単で将来性があるプログラミング言語とは?

進むならWeb系? Sier系?

プログラマーの仕事には大きく2種類の企業があります。

1. Web系企業
2. Sier系企業


皆さん、進むならどっちの企業に進むと良いとおもいますか?

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG