心理学が全くいらない!外見関係なく”無意識にモテる”最低限の知識【初級編】

心理学が全くいらない!外見関係なく

心理学が全くいらない!外見関係なく"無意識にモテる"最低限の知識【初級編】

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0


・彼女いない歴=年齢
・もう数年彼女がいない
・女心が分からない
・彼女はどうやったらできるのか
・今の好きな人と絶対付き合いたい
・女子が苦手
・どう話していいのか分からない
・どうやったら好きな人といい感じになれるのかわからない


こういった悩みは尽きませんよね…

皆さん一度は悩んだことがあると思います。


恋愛で悩んだことが無い人はいないというほど恋愛は人を悩ませるものです。恋愛での負担は仕事の後悔の2倍とも言われています。


その恋愛で悩み事を減らすことが出来たら、今よりもっと楽しくもっと楽に生きていくことが出来ると思います。


最後には「先着5名様限定のプレゼント」もあります!

先着5名様に入れなかった方も有益情報がありますので、是非最後まで読んでみて下さい‼


だからこそ、このBrainを読んで少しでも"貴方の悩み"を軽くしていきましょう!


はじめに


まず、恋愛で悩みが多いことは何でしょう?

それは"片思い"です。


片思いというのは恋愛で一番最初の難関であり入口です。

その入口に入れなければ、スタートする事すら出来ないという非情で残酷なものです。


そしてその入口に入れない方が数多くいらっしゃいます。


彼女いない歴=年齢


という方も珍しくないのです。その為「童貞」と言われる人も多く存在しています。

今回は何故彼女を作る事が出来ないのかを自分の経験を基に考えていき、自分で実践して実際に効果があって、結果が出た解決策を紹介していきたいと思います。


自己紹介


まず始めにどんな人間がこれから話していくのか、自己紹介をしていきたいと思います。


・付き合った数➡40以上
・1500人以上の女性と対話
・〇〇した数➡3桁以上
・常に女性が周りに居る
・マッチングアプリ➡一週間で10人と関係を持つ
・告白された数➡3桁以上

こんな人間がどんな人生を歩んできたか、見てみて下さい

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


僕は中学丨高校と特にモテる事もなく、彼女は出来たことはあっても長く続く事もなく至って平凡な学生生活を送っていました。



僕はフラれた回数も二桁を余裕で越していて、女子がとても苦手な性格も災いし、自信もなくいじめも受けたことがあります。

そんな僕がモテない事は必然です。

なぜかと言うと


・身長163cm
・顔も平凡
・ぽっちゃり
・ニキビ面
・自信がなくネガティブ
・はっきりと気持ちを言えない
・女性が苦手
・話すことが苦手


こういったスペックだった為、女性と仲良くすらなれなかったのです。

もはや相手にされていないレベルでした。

しかし、こんな僕ですら思春期ということも重なり"モテたい"という気持ちがとても強く、モテる為の方法を常に調べては実践していました。


ですが、現実とは残酷なものでどれだけ実践しても、モテるのはクラスの「高身長丨頭がいい|スポーツが出来る丨イケメン丨自信満々丨話し上手」というイケイケな男子だけでした。


何をやっても上手くいかない…話しかけてもあしらわれる…。


僕は"モテる"事を諦めてしまいました。

その為、好きになった人はモテてる男子と付き合い、仲良くなれた女性もすぐに彼氏ができ、かわいいなと思う女性には常に彼氏がいる…そんな青春を送ったのです。


そして僕は社会人になりました。

父親の会社で働いていた僕ですが、毎日同じ平凡な日々…このままでは人生がつまらないものになってしまう、そう思った僕は思い切って父親と喧嘩しながらも、仕事をやめ県外に出る事にしたのです。


何も計画していないまま引っ越して1人になった僕は、毎日寂しく暗い部屋でコンビニの弁当を食べるという日々を2週間程おくりました。


そんなある日、知り合いから僕の人生を変える連絡が来ました。


「ホスト始めてみないか?」


僕はあの頃の気持ちを思い出していました。


「ホストになればモテるのかもしれない」


緊張こそするものの、とてもワクワクしていたことを覚えています。


いざ入店し、研修を受けてから実際に接客をする日を迎えましたが、現実は本当に残酷なものです。


女性に全く相手をしてもらえないのです。


全然興味を持ってもらえず、酷い時は2時間以上話すら聞いてもらえず無視をされ続けるという事もありました。

お酒をかけられたこともありますし、嫌いと言われNGを出されたこともあります。


「席にこないで」と何回も言われ「ホストやめれば?向いてないよ」なんて傷つくような言葉を何度も言われました。


そんな生活を半年以上続け、本気でホストをやめようと考えていました。

しかし、お店の代表からの「生活もあるんだし、生きるために諦めずに一度本気で頑張ってみたら?」という励ましの言葉もあり、一度本気で頑張ってみることにしました。


そうなんです。僕は生きる為にモテる事が必要になっていたのです。


そこから何日も何日も心理学やトーク力、接し方や突き放し方、様々な事を勉強し実践し続けました。

今となっては何人の女性から嫌われたか数えることもできません。

ですが、確実に気づいたことがあります。モテるとは才能ではなく、努力なのです。


そう、モテるなんて誰にでも出来る簡単な事なのに、それを難しくしているのは"自分自身"だったのです。


そこから2年間という月日を掛けて日々経験を増やした僕は、気づくと売上No2 指名本数No1という地位を手に入れていました。

LINEの女性の数も有に900人を越していました。


一目惚れしていただくことも増えていき、他のホストのお客様から80%の確率で告白されたり指名を変えたいと言われるまでになりました。


あんなに学生時代モテなかった僕が、常に周りに遅れを取っていた僕が、女性が苦手でまともに話せなかった僕が、今では女性に困らなくなり、常に周りには自分を好きでいてくれる女性がいて、狙った女性は絶対に落とすことができ、ナンパやマッチングアプリのコツなんて馬鹿らしく見えてくるほどにまで成長しました。


もちろんそういう行為の相手に困ることもなく、そういった行為をした人数も数え切れず3桁を有に越しています。


そしてこれからも全く困ることはないでしょう。


なぜこの記事を書くのか?


さて、いかに僕がモテなかったのか、男性としてのスペックの低さを分かっていただけたと思います。


その上で何故このBrainを書くことにしたのか?


それは、モテたいという当たり前の欲求に対して様々な情報があり溢れている今、その情報に皆さんが惑わされてシンプルな答えにたどり着けないようになっているからです。


様々なSNSでモテる為の知識や情報を発信している方がいますが、根本的な矛盾にみなさんは気づいていません。


「灯台下暗し」とでも言うのでしょうか?


ここで皆さんにお聞きしたい事があります。


・モテる人にナンパなんて必要有りますか?
・モテる人がマッチングアプリのコツなんて気にしますか?
・心理学を知ればモテると思っていますか?
・沼らせる丨依存させる事はデメリットではないですか?
・すぐに彼女が出来る人間が理論だけで行動していると思いますか?


僕はこの全てを堂々と否定します。

誰を相手にしても「SNSで発信されている情報なんて氷山の一角」とはっきりと言いきれるからです。


もはや氷山の一角ですらないのかもしれません。


ヒモなんて簡単です。

セフレなんて1日でできます。

依存させるなんて意識しなくてもできます。

狙った女性も気づいたら好きになってくれています。


皆さんにも正しい知識をつけ、めんどくさいことは全て省いて、楽しい恋愛をどんどんしていけるように、僕はこのBrainを書くことにしました。


心理学は恋愛に必要なのか?


結論:心理学をわざわざ故意的に使う必要はありません。


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG