NO IMAGE

失恋回復プログラム

  • 2020年4月29日
  • 2020年7月3日
  • Brain
NO IMAGE
失恋回復プログラム

失恋回復プログラム

東京恋愛診療所
2020-04-29 10:27:14
0 件のレビューがあります
平均スコア ">

「失恋した」

「失恋のショックが大きい」

「失恋を誰に相談したら良いかわからなくて困っている」

「失恋してから前に進めない」

「カウンセリングには興味があるがハードルが高い」

この記事はそんな方の力になりたい想いで執筆しました。

いまとても辛い時間をお過ごしではないでしょうか。


失恋は老若男女問わず、人生において最も辛い出来事の一つだと思います。


この大変辛い時期の過ごし方はとても大切です。

例えば風邪をひいた時も、正しく過ごせば重篤化することなく早期に回復できます。

しかし間違った過ごし方をすると気管支炎や肺炎へと重篤化したり、すぐにぶり返したりしてしまいます。


失恋も初期対応から過ごし方を間違わなければ、辛い経験も大きな糧となり、倖せへと必ず繋げることができます。

しかし間違った過ごし方をしてしまうと、酷く拗らせたり、抜け出せないほどの依存、また恋愛恐怖症に陥ってしまうこともあります。

失恋後に適切な時間の過ごし方をすることは、傷ついた心の回復だけでなく、

修復にせよ別離にせよ次に進むためにも非常に大切なことなのです。


この記事では専門カウンセラーによる失恋時の適切な過ごし方について、段階的にアドバイスを行っていきます。


・恋愛相談やアドバイスの恋愛カウンセラー

・夫婦問題・離婚相談アドバイスの夫婦問題カウンセラー

・メンタリズムアドバイスの行動心理士

・四柱推命や個性診断アドバイスの個性心理認定講師

など、カウンセリング経験豊富なカウンセラーが、

これまでの失恋・恋愛カウンセリングにおけるノウハウを、

取り纏めました。


この失恋の辛い時間を、次の倖せに繋げるために。

回復サポートをお手伝いさせていただきます。

目次

はじめに

1章 罹患(失恋直後)

「安全を確保する」

「休む勇気を持つ」

「記録して頭に残さない」

2章 急性期

「意識して休息を多めにとる」

「自分を許す」

「自分の心と向き合う」

「本心を受け入れる」

「心の3T」

「白米を食べる」

3章 亜急性期

「少しずつ普通の生活に戻す」

「早寝早起きを心がける」

「人と比べない」

「冷静に事実を見る」

「こだわりを変える」

「修復・離別の方向性の判断をする」

4章 慢性期

「弱い心につけ込ませない」

「相手の真意を見極める」

「運動する」

「習い事を始める」

「外を見る」

「冷静にどこが好きだったのかを分析する」

「期限を決める」

5章 回復期

5-1 修復

「相手との三角相性を見る」

「自分と相手の恋愛スタイルを知る」

「心を変えて演じる」

「相手が落ち込んでいるときはチャンス」

「完璧な振る舞いをやめる」

「コミュニケーション不足を解消する」

「”気分がいい”を利用する」

「嫉妬戦略」

5-2 別離

好かれたい相手ができたら

「相手の魅力に物怖じしない」

「共通点を意識」

「噂の活用」

「好意のギブアンドテイク」

「フットインザドアの活用」

おわりに


はじめに 

失恋は人生においても最も辛い出来事の一つだと思います。

それは老若男女、人を問わず誰しもが同じです。

この大変辛い時期の過ごし方はとても大切です。

例えば風邪をひいた時も、正しい過ごし方をすれば、

急性期→亜急性期→(慢性期を経ず)回復期となり、

それぞれの過程や全体のサイクルも短くなります。

しかし間違った過ごし方をすると気管支炎や肺炎へと重篤化したり、

すぐにぶり返したりしてしまいます。

失恋も初期対応から過ごし方を間違わなければ、

辛い経験も大きな糧となり、次の大きな倖せへと必ず繋がるでしょう。

しかし間違った過ごし方をしていると、

酷い拗らせ、抜け出せない依存、異常な執着、恋愛恐怖症など、

重度の障害が長く残ってしまいます。


失恋後に適切な時間の過ごし方をすることは、

傷ついた心の回復だけでなく、

修復にせよ別離にせよ次に進むためにも非常に大切なことなのです。

当診療所では専門カウンセラーによる適切な過ごし方について、

段階的にアドバイスを行っていきます。


「体調を崩して風邪をひくこと」は東洋医学では、

「カラダをリセットするとても大切な出来事」としています。

風邪をひくことで

・体に溜まった菌を殺し

・老廃物を流し

・免疫を上げ

・体力がつく

ことでより良いカラダを作り上げるのです。


失恋も同じです。辛く悲しいことですが、

この経験をすることで

・甘えや傲慢など自分のよくない部分に気づくことができ

・依存や弱さから脱却し大人の品格を手に入れられ

・人の優しさに気づき人に優しくなることができて

・新たな倖せせの価値を作りあげる

ことで、さらに素敵な自分へと成長できる

とても貴重な機会なのです。


風邪は「邪気」、恋愛は「心が変わる」という意味です。

どちらもココロに関係しているものです。

「病は気から」ともいいますが、

恋愛も心の病と捉えることもできます。

そんなココロとどう向き合うか?がとても大切なのです。


この辛い時期を過ごさなければいけない間、

いい時間の過ごし方をして、

この経験を無駄にする事なく自分の恋愛力を高め、

次の倖せに繋げるため、一緒に頑張りましょう。


大丈夫です。

あなたのこの経験には大切な意味があり、

この先には倖せな未来が必ず待っています。


さあ、カウンセリングを始めましょう。


1章 罹患(失恋直後) 

「フラれた」「別れることになった」といった失恋直後の状況です。

風邪に例えると「鼻の乾燥」「喉荒れ」「だるさ」といった

初期症状に気づいた状態です。


失恋はとても大きなイベントです。

失恋直後の今、あなたはどんな気分ですか?


突然のことで大きなショックを受けている人、

別れは予想はしていたものの現実となり受け止めるのが難しい人、

いろんな人がいて、それぞれに想いも異なると思います。

この書を手に取られたあなたも

この「失恋直後」の状態かもしれません。


心の傷は簡単に癒せるものではありません。

本当に辛い思いをされ、大変でしょう。



☞まずは応急処置から始めましょう



「安全を確保する」

失恋直後にやるべきことは多くありません。

むしろたくさんの指示を受けることは難しく、

タスクの処理もできない状態です。


やるべきことは一つ。

まずは自暴自棄にならず、心身の安全を確保してください。


もしかしたら直後の今はあまり現実味がなく、

まだ何も感じていなかったり、

心も多くを感じる前の状態であったりするかもしれません。

骨折した時も、直後はあまりに大きな衝撃から

すぐに痛みが出ないこともありますがそのような感じです。


車などの運転は直ちにやめるべきです。

また外を歩く事、人と接する事、機械を扱うことなども

可能な限り速やかに切り上げてください。


とにかく「自分の力を必要としない状態」に

一旦持っていくことです。

帰宅する際もなるべく迎えを呼んだりタクシーを利用したりして、

人に会う予定は控え、

あらゆる作業も一度止めてください。


「自分では平気」と思っていても心の疲労は様々な形で現れます。

心の傷が行動に影響する前に、可及的速やかに安全確保をしてください。


どうしても仕事や学校で抜けられない場合は、

「基本手順のみを抜かない」ことに頭を切り替えましょう。

定められている手順や、

やらなければいけないことだけをこなすよう意識することで、

気落ちからくるミスを減らすことができます。



☞安全確保ができたら次へ



「休む勇気を持つ」

この状況にある時は、いつもできていることができなくなったり、

心が落ち着かずに思いがけないミスや

事故を起こしたりする可能性もあります。


落ち着くことができる場所、ゆっくり過ごせる場所、

休むことができる場所へ移動し、少し一人の時間を作ってください。

可能であれば仕事などを切り上げる勇気も必要です。


失恋直後はそのショックもあり、まだ実感が湧かない場合もありますが、

時間とともにどんどんその痛みが広がり、

何も手につかなくなってしまったり、

危険な行動につながったりしてしまう可能性もあります。


可能な限りその日の予定は調整やキャンセルをして、

自宅などで休める準備を速やかに整えることが理想です。


何も手につかなくなってしまったり、心が塞ぎ込んだりしてしまう前に、

休める状態を作るようにしてください。


☞休める状態を作ることができたら次へ



「記録して頭に残さない」

環境や状況が整ったら、可能な範囲で

今日起きた失恋のやり取りを振り返ってみましょう。

気分的に難しかったり何も手につかなかったりする場合は、

何もせず休むことで大丈夫です。


「どういう形で別れることになったか」

「どんな言葉を交わしたか・やり取りで終わったのか」

など、起きたことをなるべく

記憶が鮮明なうちに記録に残しておくことです。


この作業は、とても辛いことに見えますが、

この後の「修復 or 切り替え」の気持ちの整理のためにも、

今回の別れの意味を明確にするためにも、

正確な情報として非常に大切なことです。

また、アウトプットして残すことで、

辛い思い出を頭に残さず整理することができます。

良くも悪くも記録することで頭から一度外に出すことができるので、

心が楽になります。



☞やりとりを記録して頭に残さず整理できたら次へ



2章 急性期 

失恋のショックや辛さが強く実感され、

24時間ずっと苦しかったり

喪失感が大きく何も手につかなかったりする時期です。

風邪でいうと

「悪寒」「発熱」「頭痛」「鼻水」「くしゃみ」「全身の倦怠感」

などが出現している状態です。


今、とても辛い時期でしょう。

ゆっくりでよいので、休みながら読み進めてください。

(無理に先の章を読むことはやめてくださいね)


この時期は徐々に「失恋」の実感が湧き、

寂しさや悲しみが増大していきます。

傷心を最も感じ、最も苦しい時期かもしれません。

短期的な心の沈みが最も大きい時なのです。

仕事や勉強、家事など何も手につかなくなり、

「心に大きな穴が空いた」状況で、

食欲がなくなったり眠れなくなったりすることもあります。


あなたはどうですか?

とても辛い時期ですので、

ある程度の食事や睡眠障害があって当然です。



☞この時期の過ごし方について、ゆっくり見ていきましょう



「意識して休息を多めにとる」

体調を崩してしまうとさらに苦しくなるため、

この時期は体のことを第一に考えましょう。

体調を崩すほどの障害

(食べられない、眠れない事が続き、体調を崩してしまうなど)

がある場合は、

休暇をとったり医療機関を受診したりすることも必要です。


心のケアも大事ですが、

メンタルの回復のためにも体のケアが優先ですよ。

いつも以上に体調を崩しやすいという意識を持って

行動することです。


通常よりも食欲がなかったり眠れなかったりする状況の方も

いるでしょう。

いつもより体も疲れています。


状況をより悪くしないためにも、

この時期は特に意識して休息を多めにとるようにしてください。

早めの就寝、多目の休憩、無理のない行動など、

極力自分に負担をかけないことです。



☞休息を十分に取れる生活が安定したら次へ



「自分を許す」

どのような失恋だったとしても

この時期は決して自分を責めないでください。

「あの時ああすればよかった」

「あんな風に言わなければ」

などと今考えるのはやめましょう。


そんな風に考えても、彼・彼女は帰ってきません。

復縁を望むにしろ、次の恋に進むにせよ、

今は自分が回復することが最優先です。


そして自分に優しく、怠慢も全て受け入れてください。

無理にいつものルーティンをこなさず自重することです

(ジムを休む、家事を簡易に済ませるなど)。


今無理をするといつものようにこなすことができず、

怪我をしたり大きな失敗をしたりする可能性があります。

「あなたがおかしい」のではなく、

「いま直面している状況が通常でない」のです。


ここで「こんな自分はダメだ」と自分を責めたり

追い込んだりすることは本質の問題解決とは関係なく、

体だけでなく心にも大きな負担を自分でかけてしまうことで

より重たい状況に追い込んでしまい、

回復に時間がかかってしまいます。


あなたはこの恋愛もとても頑張りました。

優しさも吸い取られて疲弊している時だと思います。


こんな時期にはいつもよりゆっくりのんびり時間を使い、

頑張った自分を労ってあげてください。



☞自分を責めずに労えるようになったら次へ



「自分の心と向き合う」

この時期は苦しさからいろんな物ごとに逃げたくなります。


暴飲暴食、衝動買い、埋め合わせの恋、

どれも結果的に自分を傷つけるだけです。

無理やり傷を埋めようとしないでください。


前述の通り、心身ともに疲れている時。

やるせない気持ち、

寂しい気持ち、

辛い気持ち、

腹立たしい気持ち。

いろんな気持ちがある中、その行き場を探し、

昇華しようとして何かにすがったり

逃げたりしたくなることは痛いほどわかります。

でも、そんなことをしても気が紛れるのはほんのひと時だけです。


この時期に一番大切なのは、

何より悲しみや寂しさという

「自分の正直な気持ちと向き合う」ことなのです。

この気持ちに蓋をしたり我慢しようとしたりすることは

正しくありません。


誰にもわからない「あなたの気持ち」、

あなたが向き合ってあげなければあなたの心は孤独で、

誰も頼ることができなくなってしまいます。


後に自己嫌悪に繋がるなど、

自信が持てなくなる大きなリスクがあるのです。

勇気を持って一緒に向き合っていきましょう。



☞逃げずに自分の本音と向き合えるようになったら次へ



「本心を受け入れる」

自分の心と向き合うことができたら、

次にすることはその正直な気持ちを「受け入れる」ことです。

他人の価値観で考えることはしてはいけません。


「こんなふうに思ったらおかしいかな」

「変に思われるかな」

「恥ずかしいかも」

などと他人の物差しで見ないでください。

あくまであなたの本心をありのまま受け入れるのです。


今直面している事態について、あなたの心が感じている本音。

「悲しい」

「寂しい」

「辛い」

「怖い」

「許せない」

など、実に様々な感情が湧いている状態でしょう。

それは全てあなたの心の本音です。

自分の正直な気持ちに気づくことができる

とても貴重な機会でもあります。


素直に

「ああ、今私はこんな気持ちなのだな」

「失恋したことでこんな気持ちになるのだな」

というありのままの気持ちを受け入れましょう。



☞自分の本音を受け入れることができたら次へ



「心の3T」

ここまで、自分の気持ちと向き合い、受け入れてきました。

改めて辛さや悲しみを実感していることと思います。


この時期を過ごすために必要な、

とっても大事な「3つのT」を教えます。

それは

-Talk 誰かに聞いてもらうこと

-Tear 涙を流すこと

-Time 時間をかけること

です。


この時期を過ごすためには、この3つを意識してください。


「Talk 誰かに聞いてもらうこと」

初期対応の記録することにも近いことですが、

ここでは第三者に聞いてもらうことです。

他人に共感してもらうことや、一人で抱え込まないことで、

心はとても落ち着きます。

他人には話したくないという人は不要ですが、

話して楽になるという人は信頼できる友人や家族、

カウンセラーに今の気持ちを話してください。


「Tear 涙を流すこと」

「自分を許す」「自分と向き合う」「自分の本心を受け入れる」

というこれまでのステップにおいてもとても大事な事です。

決して心に蓋をしたり我慢したりしないでください。

ありのままの気持ちと向き合い、

涙を流すことも回復には必要なプロセスなのです。

人間の体はストレスの解消のために、

一週間に1度は涙を出す必要があると言われています。

涙を流す事でストレス物質が流れ出ます。

また副交感神経優位になりリラックスできるのです。

泣いても良いのです。

涙を流す事を躊躇しないでください。


「Time 時間をかけること」

どうにもできないTです。

自分で時間の進みをコントロールすることはできませんし、

心の傷を一瞬で治すこともできません。

前述しましたが、

このどうしても過ごさなければいけない辛い時間を、

「いかに有意義に自分の心と向き合いながら過ごすか」

ということが大切なのです。

逆に「心の傷が癒えるには時間がかかるんだ」

と割り切ってください。

そのように捉えることができれば、

この時間に対する意識も過ごし方も自然と変わっていきます。

焦ることはありません。

人生の時間はまだまだ長く、恋愛の可能性もまた無限大なのです。

いまは少し立ち止まって自分の心をメンテナンスしましょう。



☞Talk・Tearの実践と必要性を理解できたら次へ



「白米を食べる」

食事についてです。

まだ食欲が出てこない時期かもしれません。

きちんと食事を摂れていないこともあるかと思います。


この時期は食事機会が通常より少なくなるので、

一度の食事で摂る内容がとても大切になります。


体も無理には受け入れられないので、

食事の内容が「元気が出るもの」

を優先的に摂る必要があるわけです。


幸い、この日本には大変素晴らしい失恋回復食材があります。

それこそが白米なのです。


意外に思われるかもしれませんが、

お米は世界中の主食となる穀物類の中でも、

最もエネルギー効率の高い、素晴らしい食材です。

お米にはでんぷんをはじめ、

タンパク質や脂肪、ビタミンB1、ビタミンEがふんだんに含まれ、

栄養価がとても高い食材ですが、

特にでんぷんは極めて質の高いエネルギー食材で消化吸収も早く、

力の源になり長く持続します。


おにぎり一つでも構いません。

元気がない状態の時には、ぜひ白米を食べましょう。



☞白米を食べて、体がポカポカあったまるか、元気が出たら次へ



 3章 亜急性期 

別れからしばらく時間が経過し、

日常を取り戻しつつも

まだ悲しみや辛さに支配される時間が多い状況です。

風邪でいうと、

症状が進行し病気が身体の奥深くまで侵入してしまい、

悪心や食欲不振が出現し始めます。

また、病気の進行と身体の抵抗が繰り返されることにより、

悪寒と発熱が交互に出現している状況です。


今は2章の「急性期」から少し落ち着いた状態です。

24時間、常に苦しかった心も、少し落ち着いて日常を取り戻したり、

食事や睡眠のペースなど、

生活のリズムも少し取り戻し始めたりしてきたのではないでしょうか?



☞以上の状況に当てはまるようになったら読み進めてください


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG