プログラミング初心者でも転職は可能|失敗しない手順を解説

プログラミング初心者でも転職は可能|失敗しない手順を解説

プログラミング初心者でも転職は可能|失敗しない手順を解説

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

今、本記事を読んでいる人は

  • プログラミング初心者でも転職は可能なの?
  • エンジニア転職の最短ルートは?
  • 独学じゃダメなの?

このような悩みを持っているのではないでしょうか。

結論から言います。

「プログラミング初心者でもエンジニア転職は可能です。」

本記事では初心者からのエンジニア転職に失敗しないために意識すべき手順を解説します。

目次 [hide]

プログラミング初心者の転職に求められるもの4つ

未経験からのエンジニア転職にも当然求められるものがあります。

  1. IT全般の基礎知識
  2. 自発的に学習できること
  3. 最低限のプログラミング経験
  4. コミュニケーション能力

それぞれついて解説していきます。

1. IT全般の基礎知識

転職をする上でとても大事なのが、エンジニアの業界知識をしっかりつけることです。

これを怠ると、

「エンジニアにはなれたけどやりたい事と違った。」

といったことが起こってしまいます。

エンジニアといっても自分が何を作りたいかによっても学習する内容も大きく変わってきますので、しっかりとIT業界、エンジニア業界の知識を身につけることが重要になります。

2. 自発的に学習できること

エンジニアが扱う技術は日々進化してするため、自ら新しい技術を取得していかないとすぐに置いていかれてしまいます。

また、企業が未経験者の採用を行うには100~150万円程度の採用コストがかかります。

その中で自主的に学習しないような人は採用したくないですよね。

日々自発的に学習する習慣を身に付けられていると、採用担当者から「積極的に技術を習得してくれそう」「入社後に大きく成長してくれそう」という評価を獲得することができます。

3. 最低限のプログラミング経験

ここでいうプログラミング経験というのは

「少し触ったことのある程度ではなく、何か自分で開発した経験がある。

このレベルが求められます。

未経験歓迎と書いてある求人だとしても、プログラミングを全くやったことがなければ選考を通過するのは難しいでしょう。

エンジニアになりたいと言っているのにあまり触ったことがないと、それだけでも「やる気がない」というイメージを持たれてしまいます。

4. コミュニケーション能力

エンジニアのスキルとして一番重要なのは実はコミュニケーション能力です。

開発スキルじゃないの?と思う方も多いかと思います。

しかし、エンジニアはプログラミングを書くだけが仕事ではなく、チームやお客さんとのコミュニケーションを結構まめに取るのが現実です。

なのでエンジニアにとって、コミュニケーション能力は必要不可欠な能力です。

プログラミング初心者の転職ルート3選

プログラミング未経験での転職方法にもいくつか方法があります。

  1. プログラミングスクール経由での転職
  2. Wantedlyを利用する
  3. Twitterを利用する

おすすめの3つの方法について解説していきます。

プログラミングスクールに通いそのまま転職

卒業後のキャリアを保証してもらえるプログラミングスクールに通うことが一番リスクが少なくておすすめです。

  • わからないことをその場で質問できる
  • 最短でスキルを取得できる
  • 転職サポートがある
  • チーム開発が学べる

それではひとつずつ解説していきます。

・わからないことをその場で質問できる

プログラミングスクールと独学の一番の違いは「挫折率の違い」です。

プログラミングスクールの場合、大半の人が実際にスキル習得できている一方、独学している人の挫折率は”90%以上”と言われています。

ではなぜ独学だとそこまで挫折する人が多いかいうと、

それは「わからないことをその場で質問できる環境がないから」です。

これって精神的にも体力的にも消耗しがちなんですよね。

プログラミングスクールではわからないことを質問した際、メンターが初心者でもわかりやすく図などを使って丁寧に質問してくれるのでとても理解しやすいです。

・最短でスキルを取得できる

多くのプログラミング初心者は学習方法について、

「本当にこの学習方法であってるかな?」

「この学習内容で本当にエンジニアになれるのかな?」

このような悩みをかかえます。

プログラミングスクールではエンジニアになる為のカリキュラムが用意されており、

言い方は悪いですが、スクールの用意したレールに乗っていれば転職できるレベルまでにはなれます。

また、教材の中で生徒からの質問が多い箇所などをわかりやすいように常にアップデートをつづけているので本当にわかりやすいです。

カリキュラムの内容についてはこの後紹介していきます。

・転職サポートがある

プログラミングスクールには転職サポートが付いているのが大きな魅力です。

転職サポートの内容は以下になります。

  • 求人紹介
  • キャリア面談
  • 面接対策(主に質問対策や面接練習など)
  • 履歴書添削

この中でも特に嬉しいのが「面接対策」です。

これは意外なのですが、エンジニアなりたい人の多くがエンジニアになりたい理由を言語化できていません。

未経験からのエンジニア転職では面接で必ず聞かれます。

プログラミングスクールでは、自分の中で固まっていなくてもうまく言葉にできるように一緒に考えてくれます。

とても有り難いですね。

・チーム開発が学べる

チーム開発の経験は必ず就活で評価されます。

就職したらチームで開発するので評価されるのは当たり前ですね。

チームを実際にやってみると人のコードを読む機会や進捗の管理、タスクの割り振りなど

実際の開発現場で行われているようなことを経験できます。

独学者の多くはチーム開発はやらずに転職活動しているのでここでも差別化できますね。

それでは、ここからオススメのプログラミングスクールについて紹介していきます。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG