NO IMAGE

【無料公開中】「Brain」や「情報商材系ビジネス」は詐欺!!って煽っちゃった人に知ってほしい事実【無料公開中】

  • 2020年2月5日
  • 2020年10月25日
  • Brain
NO IMAGE
【無料公開中】「Brain」や「情報商材系ビジネス」は詐欺!!って煽っちゃった人に知ってほしい事実【無料公開中】

【無料公開中】「Brain」や「情報商材系ビジネス」は詐欺!!って煽っちゃった人に知ってほしい事実【無料公開中】

うましん
2020-02-05 06:43:45
0 件のレビューがあります
平均スコア ">

こんにちは!!

うましん と申します!

動画編集や動画発信、SNSなど学び、時代の波乗りに挑戦しています!


このBrainが始まって、

「また情報商材系か」

「無料の情報を売って詐欺!」

「マルチだな、詐欺!」

「ネズミ講だな、詐欺!」

のような内容をTwitterなどで見かけます。

さて、

「Brain」

は詐欺なのでしょうか?


答えは「No」


では、情報商材は詐欺なのでしょうか?


答えは「詐欺もあるよ」


です。

「え!?買った人が紹介して、紹介料が入って、次の人が買って・・・ってねずみ講じゃん!・マルチじゃん!?犯罪じゃん!?この犯罪者!!」

「無料の情報を有料で販売するとか情弱を狙った詐欺まがいじゃん!!!そんなの全部詐欺だよ!!」

と、おっしゃられる方もいるかと思います。


というより、この記事を見てくれている方は、

「ちょっと情報かじって詐欺って言っちゃったけど…よかったのかな…」

と不安な方が大半だと思います!

でも大丈夫!!

人は間違うものですし、今回学んでおけば、新しいプラットフォームや、新しい波が来た時にも自分で判断ができるようになるはずです!


◇この記事を見るだけで

「Brain/情報商材を知ったかぶりしなくて済む」

ことができますよ!


では行ってみましょう!!

※現在記事のすべてを無料公開中です!是非最後までご覧ください!

-目 次-

1.Brainはマルチ商法=ねずみ講=詐欺!?                   

 1-1.そもそもマルチ商法って?

 1-2.マルチ商法=ねずみ講でしょ!?


2. 情報商材系ビジネスは情弱を狙った詐欺まがい!?

 2-1. 無料の情報がなぜ有料になるのか

 2-2. 情報≠知識≠知恵

 2-3. 人は何にお金を払っている?

3.まとめ


1.Brainはマルチ商法=詐欺!?

 1-1.そもそもマルチ商法って?

 マルチ商法は、

1.販売組織の加入者が別の消費者に商品を売って組織に加入させてマージンを受け取る。

2.さらにその消費者が別の消費者に商品を売って組織に加入させてマージンを受け取る

3.さらにその消費者が・・・

というようなことを次々に行って組織をピラミッド式に拡大していく商法です。

ネットワークビジネスとも呼ばれます。そしてこれ自体は

合 法

です。ではなぜマルチ商法=詐欺という認識になってしまったのでしょう?

これは「楽して儲かる」などの甘い言葉に騙され、

大量に売れない商品を抱え込んだ

人間関係を悪化させてしまった

などの被害が発生し、マスメディアから流れる「詐欺」という単語と共に「マルチ商法」という名前が定着してしまったからだと考えられます。


ですのでここでまず知っていただきたいのは

「マルチ商法という形態は合法だが、性質上詐欺に利用されやすい」

ということです。


 1-2.マルチ商法=ねずみ講でしょ!?

「でも、マルチ商法=ねずみ講じゃないの?ねずみ講は詐欺って知ってるし!!」

という声が聞こえそうなので、こちらも解説します!!

先ほど説明したようにマルチ商法は合法ですが、

ねずみ講は「無限連鎖防止法」という法律で禁じられた非合法ビジネスです。

何が違いなのでしょうか?

ねずみ講は会員を勧誘し続け、高額な会員費を払ってもらわなければ儲かりません。一方マルチ商法は会員費が無料、もしくは定額であくまで商品販売力のある組織を構築した人が儲かります。

具体的に儲けがどう生まれるのかを見ていきましょう。ねずみ講は前述したように、会員費の一部が自分に、残りが上のメンバーに配分されていきます。マルチ商法では、自分が勧誘したグループの月ごとの売上に応じてポイントが付与されます。

この成績に応じてランクや収入が上がって行く仕組みです。また、収入が得られる範囲が決まっている(ひ孫会員までなど)ので、早くはじめた人でも商品の流通できる組織を作らねば後からはじめた人に抜かされます。

〇マルチ商法は商品の売買で稼いでいるため、流通がある限り基本的には潰れませんが、ねずみ講は商品が存在しておらず、会員費のみではいずれ破綻します。


1-3.Brainは?

もうお分かりのとおり、Brainはマルチ商法の一種ということは可能ですが、商品が存在しており、ねずみ講ではない合法ですね!


2. 情報商材系ビジネスは情弱を狙った詐欺まがい!?

さて、Brain自体が詐欺などではないと理解したうえで、2点目の疑問点を整理しましょう!

2-1. 無料の情報がなぜ有料になるのか

「ネットに無料で転がっている情報を商品にして儲けるなんて、情弱を相手にした詐欺まがいの行為だ!」

という旨のツイートがちらほら見られますが、

発想を逆転してみましょう!

何が「無料→有料」を可能にしているのでしょうか❓

言い換えれば、

情報商材購入者は何をお金で買っているのでしょうか?

イメージしてみてください・・・

・・・・

・・・

・・

イメージできましたか?


では答え合わせです!


Q.情報商材購入者は何をお金で買っているか?


A.情報をまとめ、体系化する「時間・労力」をお金で買っている。

です!

どうでしょうか?

これはネット上で「無料」で入手できる情報に限定していますが、限定しなければさらにお金を払う対象は拡大しますよね!これは後述します!


2-2. 情報≠知識≠知恵

みなさんは情報と知識と知恵の違いが説明できますか?

一見すべて同じに見える3つの単語ですが、以下の違いがあります!

情 報:1.ある物事の事情についての知らせ。

    2.それを通して何らかの知識が得られるようなもの

知 識:ある事柄について、いろいろと知ること。その知りえた内容。

知 恵:物事の筋道がわかり、うまく処理して行ける能力。

つまり我々は「情報」を「知識」として、手に入れ「知恵」にすることで、日々向上しています。これは言い換えれば日々学んでいることですね!

さて、なぜこのワードをここで示したかというと、

情報商材系ビジネスの「情報」が実は単なる「情報」であるかないかにポイントがあるからです。

???が浮かんでいると思いますが、次の章で解明します♪

さて、学んだうえで次に行ってみましょう!!



2-3. 人は何にお金を払っている?

ここが今回の記事の中で大変重要なポイントです。

先ほど、

”情報商材系ビジネスの「情報」が実は単なる「情報」であるかないかにポイントがある”

と述べました。

これは情報商材で扱っている情報が単なる情報であるか否かで情報商材の価値が大きく変わってくる、購入者がお金を払う対象が変わってくるという意味です。

情報商材の情報が…

単なる「情 報」:

購入者は情報をまとめた「時間・労力」にお金を払う。


「知 恵」となったあとの「情 報」:

購入者は情報をまとめた「時間・労力」

+ 知恵を持った「発信者の権威性」にお金を払う。

この「発信者の権威性」は「発信者の信用度」と言い換えてもいいかもしれません。世の中の「成功者」と呼ばれる方の持っている知恵は誰もが大金をはたいても手に入れたい情報のはずです。それが分解すればインターネット上に転がる情報であっても、その人の情報整理、構築にはそれだけで価値がある。そこに購入者はお金を払っているわけですね!


3.まとめ

さて、今回の内容はいかがだったでしょうか?

ちなみに、内容は全てインターネット上に転がっている情報ばかりです。

そう、調べればわかること。

でも「調べれば簡単にわかるわけではない」ことはもうご理解いただけたと思います。

「無料」でインターネット上に転がっている「情報」を体系化して「知識」に落とし込む、そして「知恵」にいったん消化したものを再構築して情報商材とする。

この行為には当然、時間と労力が発生しています。

ですが、購入者はその「時間と労力」なしに「知識」を得ることが出来るわけです。

そのお金には「時間」「労力」が含まれていることをお忘れなく。

そうすれば物事の価値や自分が払うべき対価がどれくらいかが見えてくることでしょう。



え?

じゃあ、時間と労力のかかったこの記事はなんで無料なの?

そこには重要な意味があるのですが…それはまた別の機会にお話しさせていただきます!

※内容は以上で、有料部分はありませんが、

情報を有益に感じていただくことが出来れば募金程度にぽちっていただければ次回への活力になります♪


では、またお会いしましょう!

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG