【初心者向け】オンラインスクールビジネス起業のお勧め設計図

  • 2020年4月3日
  • 2020年9月23日
  • Brain
【初心者向け】オンラインスクールビジネス起業のお勧め設計図

【初心者向け】オンラインスクールビジネス起業のお勧め設計図

まっすん
2020-04-03
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

はじめまして。まっすんと申します。

この記事では、【初心者向け】と言う事で

・インターネットビジネス初心者の方
・オンラインスクールを起業したいが、何から手を付けていけば良いかわからない方
・デジタルコンテンツを商品化してビジネスを始めたいが、何から手を付けたら良いのか分からない方
・オンラインスクールを起業したら、定期管理とマーケティング活動だけで基本放置できる体制を作りたい方
・本業のリアルビジネスにプラスの収益をネット上で上げたい方
・自分の趣味や好きな事をビジネスにしたい方
・低コストでビジネスをしたい方

などが、オンラインスクールビジネスを起業するために必要なアウトラインを、初心者レベルに落とし込んで分かりやすく解説したお勧め設計図です。


なので、この設計図を読んだ後には

・オンラインスクールビジネス起業のスタート地点に立てる。
・オンラインスクールビジネス起業に必要なスキルや準備するべきアプリなどが明確に分かる。
・オンラインスクールビジネス起業に掛かる経費が分かる。
・オンラインスクールビジネスに必要なデジタルコンテンツ制作のアウトラインが分かる。
・あなたのお店になるオンラインスクールサイトのアウトラインが分かる。

上記の事を知ることで、あなた自身がオンラインスクールビジネス起業をする為に必要なスキルやアウトラインが明確に理解でき行動を起こせる様になります。

それでは、あらためて自己紹介。はじめまして、まっすんと申します。すでに人生の後半を迎える50代のおっさんです。

僕は、この「オンラインスクールビジネスでネット起業しよう!!」と言う企画を2016年後半から温め2017年にスタートする予定でしたが、2017年1月7日にいきなりぶっ倒れて、この企画をお蔵入りにしていました。(体力的に奮起する気力が出なかった)

それまでは、Wordpress動画教室を開講して販売したり、FBでネット上の直メッセージのやり取りで、ヘッダー画像やWordpressのサイト制作・アドバイスなどを欲なく食える程度にのんびりやってましたが、病気以降(今は完治してます)から現在までは、リアルに地元でのんびり知人クライアントの仕事をこなしながら生活していました。

しかし、ここ1~2年でのYouTubeやオンラインサロンの大頭ぶりを見て、再度奮起して、自分の提唱するオンラインスクール起業の方法を初心者の人でも分かりやすい設計図にして世に出すことに決めました。

ちなみに、現在「オンラインスクールビジネス起業専門のオンラインスクール(無料・有料)」を準備中です。その宣伝と市場調査も兼ねての情報発信なので内容もかなり濃いいと思います。

前置きが長くなりましたが・・・本題です。


【初心者向け】オンラインスクールビジネス起業のお勧め設計図

第1章:僕の提唱するオンラインスクールとは?
第2章:デジタルコンテンツの商品化とは?
第3章:Wordpress&デジタル動画コンテンツ制作に必要なスキル&アプリ
第4章:「何をデジタルコンテンツにしたら良いの?」の解決策
第5章:動画コンテンツ作りの設計図
第6章:デジタルコンテンツ商品を販売するオンラインスクールサイトのコース設計図と各コースの役割と関連性
第7章:オンラインスクールサイトの全体設計図とその意図
第8章:オンラインスクールビジネス起業に掛かる経費
第9章:さ~始めよう!!オンラインスクール起業準備の順番
第10章:最後に


第1章:僕の提唱オンラインスクールとは?

オンラインスクールとは?

オンラインスクールとは?一言で言えばインターネットを通して自宅で学べる学び舎の事です。

しかし、スマホが普及した現在では、一言でオンラインスクールと言ってもYouTubeやDMM・Udemyなどのプラットフォームを使って運営する方法や自社で専門スクールサイトを作って運営する方法など色々な形態のオンラインスクールが存在しています。

また、その運営方法もサロン方式やコンテンツ講座閲覧方式・マンツーマンの通信方式など、業種や目的・アイデアによって、色々な方式の運営方法が有ります。

その中で、僕の提唱するオンラインスクールは、ネット上の学び舎を基本に「お客様が無料で学べ、感謝されながら自然体で有料コースに進んで行く」そんな仕組みを機能したオンラインスクールです。

なので、僕の提唱するオンラインスクールは、他社サービスのプラットフォームを使いません。自社で用意したスクールサイトでのコンテンツ講座閲覧方式の運営方法になります。

しかし、自社で用意したスクールサイト・・・とは言っても、サイト制作を業者に依頼すればかなり高額なコストが掛かってしまいます。なので、僕の提唱するオンラインスクールは「スクールサイトから全ての物を自分で作りましょう」と言うのが基本概念です。

なので、この記事はこのスクールサイトを作るための設定図です。50代のおっさんでも作れるので、やる気が有れば多分大丈夫です。

そして、最終的には、定期メンテナンスと最小限の更新(マーケティングの為)だけで運営できるオンラインスクールを仕組化します。

ちなみに、僕は2017年にぶっ倒れる前は、ブログとFBをメインに集客してましたが、実際に制約してたのは、FBで直接やり取りする人が多く(ネットを通じた直接商談)「これって、本当のネットのうま味が生かせてないんじゃない?」とふと思った訳です。

そんな時に閃いたのが「天職のデジタル商品化~オンラインスクール起業プロジェクト」です。

なので、僕の提唱するオンラインスクールは、「お客様が無料で学べ、感謝されながら自然体で有料コースに進んで行く」仕組みを機能したオンラインスクールで「低コストで起業して軌道に乗ったら、なるべく放置」この二つのテーマを目的にしたオンラインスクールです。(お問い合わせ・定期管理・マーケティング活動は放置できませんが・・・)


さて、オンラインスクールを開講する手段は、僕が提唱する形でなくても色々手段がありますが、有名所ではUdemyやthinkificなどの様に動画コンテンツさえ作れば無料で簡単に開講できるプラットフォームがあります。いずれも海外のプラットフォームですが。

これらのプラットフォームで開講すると、「あなたのお勧めコース」と言うタイトルで自動的に選ばれたコース(講座)をランダムにPPC広告やメールで勝手にPRをしてくれるので、自分の運営するコース(講座)が選ばれれば集客に関してはとても大きなメリットが有ります。しかし、その一方で有名なプラットフォームなだけに参加者も多く、当然の事ながら同業ライバルも多いので埋もれてしまう可能性もあります。(僕は教材を2~3個購入して調べただけで使ってませんが・・・)

また、同業ライバルの中にはそれなりに名の知れた人も存在し、値段付けやコンテンツの内容など「あの人がこの値段で・・・俺のは?・・・」とか「あの人の内容には勝てないよ」とか考え込んでしまう事も多くメンタル的にかなりの弊害になります。

そこで、とりあえず大手とは言え、本当にそんなプラットフォームを利用する価値は有るのか?と言う僕の個人的な思いを込めて、先ほど名前を挙げた「Udemy」でメリットとデメリットを比較して考えてみました。


Udemyのメリット

・ランダムに宣伝してくれる。

・プラットフォームに知名度があるのでアクセスが多い。

・無料なので弊害がなく気軽に始められる。


メリットだけを見るととても良い感じに見えますね。しかし・・・


Udemyのデメリット

・ランダムに宣伝してくれるが自分のコースを紹介されるかどうかは未知数。

・現在100,000以上のオンラインコースが存在しライバルが多く埋もれる。

・他コースとの競争で、大幅に割引しなければならなくなる。(例→24,000円が1,400円とか)

・販売後に手数料が掛かる。(興味のある人は手数料を調べてください)

・コンテンツ内容の審査がある。

・同業ライバルとコンテンツ内容が被るので比較されやすい。

・他人のふんどしで相撲を取っているので、規約変更やプラットフォームの状況など先々の運命が他社に依存される。


正直、このデメリットを見て僕は改めて「低コストで出来るなら、手間を掛けてでも自分で作った方が良いよね~?」と感じています。

現在、Udemyは100,000以上のコースがあります。今更そこに殴り込みを掛けるとか・・・僕は御免です。

そう感じてこの企画を考えたのが2016年の秋頃です。それから市場は変化していますが、僕が見た範囲では、僕の思い描いた設計図で運営しているオンラインスクールは、今のところ見当たりません。


では、その肝心なオンラインスクールはどうやって作るのか?って事なんですが

WordPressで作ります。「何じゃそりゃ~」って思った方も居るでしょう(笑)・・・当然です。

でも、僕が考えている設計図は、巷でよく使われているプラグインを使うだけでサイト全体にパスワードを掛けると言うような簡単な方法ではありません。これでは、サイトそのものがパスワードを知ってる方にしか表示されないのでスクールサイトそのもので集客する事は出来ません。

また、難しいプログラムを使う方法でも難しいプラグインを使う方法でもありません。あくまで、初心者向けと言う事で「50代のおっさんでも手間は掛かるけどできる簡単な方法と設計図」でオンラインスクールサイトを作り上げます。

それと、この設計図には、一つ一つの役割と関連性が有ります

それを後の章で解説します。

※この設計図は、後の章で図解を元に明らかにしますが、それでも理解できないPC音痴の方は、現在、準備している動画コンテンツで勉強してください。(完成後にこの記事に案内を追加公開します)

さて、この章最後のまとめとして・・・

僕が提唱するオンラインスクールを簡単に纏めると

・お客様が無料で学べ、感謝されながら自然体で有料コースに進んで行く機能を持ったオンラインスクール
・低コストで起業して軌道に乗ったら、なるべく放置できるオンラインスクール
・自分で作るWordpressで構成するオンラインスクール
・役割と関連性を持った独自の構成で構築するオンラインスクール

と言う事になりますが、この中の「独自の構成」の中のほんの一部をご紹介しましょう。

・長ったらしいセールスレターの必要ない構成

・誰もがメルマガ無料登録したくなる構成

・サイト表示者が他表示をしにくくなる構成・・・などなど

気になる方は、是非最後までお読みください。

では次に、そもそものあなたの収益になるデジタルコンテンツの商品化とは何ぞや?って事を初心者の為に分かりやすく次の章で解説します。


第2章:デジタルコンテンツの商品化とは?

これは、まんまなのですが、あなたの好きなことや趣味などのスキルを販売目的でPDFや音声・動画などでデジタル商品を作る事です。

PDF・音声・動画などのデジタル商品は、沢山の人たち独自のアイデアで色々な形で商品にしていますが、初心者の方ではよく分からない方も多く居ると思うので、これらのデジタル商品がどんな形で使われているのかを僕が目にした範囲の事例にはなりますが簡単に解説します。


①PDFの使い方

小冊子:メルマガ登録などでの無料配布によく使われます。

電子書籍:昔は、著者実績を作るための販売戦略でアマゾンなどで、100円とかの値段を付けて販売されていました。(今はあまり見ないですが・・・)でも、クオリティーの高い書籍なら、他の書籍と同じような販売価格で販売できると思います。


②音声の使い方

僕の身の回りで拝見した活用法としては、セミナーやひとり語りなどの音声のみをクラウドからダウンロードさせて、メルマガ登録時や読者に無料提供している方が多くいました。また、音声教材として販売している方も居ましたが・・・今は動画が主流かな?(※最近、音声のみと言う方を聞いた事がないので情報不足ですいません。ただ、これ、よっぽど話しの上手い人でないと使えないと思います)


③動画

Vlog動画:キャンプシーンやちょいエロ・車企画・ダイエット企画もろもろ・・・YouTubeにアップして再生回数で収益を狙う。収益目的で活用するなら列記としたデジタル商品と言う立ち位置になるでしょう。

解説・講座・セミナー動画:PCの使い方・釣りの仕方・アフィリエイトの仕方など、何某らのスキルを解説する動画。また、セミナーを撮影し、そのまま商品化する方も居ます。


このようにデジタルコンテンツとして商品化できる物には様々な種類と使い方が有りますが、今が旬・これからも伸び続けるだろうと世間が力を入れているのは、やっぱり動画です。現在のYouTubeの躍進ぶりをみると、やっぱり動画ですよね~と僕も思います。

なので、動画をデジタルコンテンツ商品にした様々な使い方を簡単に纏めます。

・動画講座専用の会員サイトとセールスページ(LP)を作って、無料動画コンテンツ提供でメールリストを集めてメールで信頼・教育・販売をするDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)に活用する。昔の有名ネットビジネスの方がやってた手法。

・Udemyなどのプラットフォームに登録し、解説・講座の動画をUdemyにUPして販売する。このメリット・デメリットは上記の通り。

・YouTubeにUPして再生回数で収益を狙う。

・DMMやFBなどのプラットフォームでオンラインサロンの運営をする。

・オンラインスクール専用のサイトを作って、有料・無料の解説・講座の動画を投稿して、オンラインスクール内で販売・運営をして、あなたのサイトで全ての事が解決できるオンラインスクールを作る。


簡単ではありますが、デジタル動画コンテンツの簡単な使い方を挙げて行きましたが、この中でお勧めするのは、先ほども言いましたが現在でのYouTubeの躍進ぶりでも分かる通り、やはりデジタル動画コンテンツの商品化です。

前に見たホリエモンチャンネルでホリエモンさんも言ってましたが、「文字を読める人は全体数のほんの30%。残りの70%は動画でないと内容を理解できない」と・・・言葉尻は多少違うかもですが、そんな意味の事を言われてました。

この事からも、やはり、あなたのオンラインスクールは動画コンテンツをデジタル商品化して起業するべきです。


色々と長々と書いてまいりましたが、インターネットビジネスに関わっている方には、「そんな事知ってるぞ」とか「もうやってる」って思ってる方も居るかもしれません。でもこの情報はあくまで初心者向けです。

なので、この記事はリアルでビジネスをしてるけど、そのビジネスをオンラインでも生かしたいと考えているインターネットビジネス初心者の方や、今から純粋にインターネットでビジネスをしたいと考えてる初心者の方や、とりあえずWordPress始めてるけど、いまいち理解していないPC音痴の方に向けての情報なので何卒ご了承ください。

さて、これ以降の章で公開する情報は、初心者の方で「オンラインスクール始めるにも何をやったら良いかよ~分からん」ていう方の為の情報です。

なので「50歳のおっさんでもできる」と言う目線で、分かりやすく解説しています。この後、継続購読される方は、しっかり読んでください!!

この記事の購読料は、今後追記をしていきますので(今は)500円です。これが、高いのか安いのかはよく分かりませんが気になる方は是非ご購読ください。

※注:以下の情報はWindowsメインで構成しています。Macの方はご注意ください。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG