【保存版/まとめ】noteの売り上げをUPさせる販売心理テクニック8選!

  • 2020年2月2日
  • 2020年6月1日
  • Brain
【保存版/まとめ】noteの売り上げをUPさせる販売心理テクニック8選!

【保存版/まとめ】noteの売り上げをUPさせる販売心理テクニック8選!

まいはじ
2020-02-02 07:34:55
0 件のレビューがあります
平均スコア ">

ここ数年、人気を博しているnote。

その使い勝手の良さから「ブログ感覚で更新」できると、

著名人をはじめ、多くの方が利用していますよね。

今回は、このnoteで売り上げをUPさせる、

販売心理テクニックをご紹介します!

noteをこれから始める方から、

既に有料で販売をしているけど、成果がなかなか出ないという方まで、

こちらの記事で紹介するテクニックを使って、

売り上げを伸ばしてみてはいかがでしょうか。


ビギナーの方も多いと思うので、

まずはnoteの内容からご説明します。

▼noteってどんなサービス

まず、noteの基本についてお話したいと思います。

文章、写真、イラスト、音楽、映像などを手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービスです。ブログのように使うことも、SNSのように使うことも、コンテンツを販売することも自在に活用いただけます。

noteより引用

2014年4月7日にサービスが開始され、

2019年11月25日、noteのドメイン名をnote.muからnote.comに変更。

比較的新しいコンテンツです。

▼メリットは?

noteの最大の特徴は、自分で書いた記事有料化できることです。


約15%の手数料が発生しますが、100円から自由に価格を設定でき、

誰でも有料コンテンツを販売し、収益を得ることができます


これまでは書籍販売などで、

有料コンテンツを販売することが主流でしたが、

自分で簡単にネットで公開・販売できる仕組みは、大きな魅力です。

▼デメリットは?

自分で手軽に記事を販売できる利点はあるものの、

最近登場したサービスということもあり、

執筆した自分の記事が検索エンジンの上位に表示されて、

購入される可能性が低い、という側面があります。


最近では少しずつ検索エンジンにヒットするようになってきましたが、

まだ多くの流入は見込めないようです。


そのため、ツイッターやインスタなどのSNSや自分のブログに、

noteのURLを貼って紹介し、SNS経由で購入してもらうことが、

最も有効的な販売方法です。


まずは、SNSやブログでフォロワーを増やし、

noteに誘導するという手順が必要になります。

ただ、Twitterなどで拡散されれば、一気に収益が増えるので、

実践する価値はあります。


ただし、あまりフォロワーに対して購入を促すと、

信頼を失ってしまう可能性もあるので注意が必要です。


▼noteの売り上げにつなげる販売心理テクニック8選


それでは、本題に入りたいと思います。

ここからは、noteの売り上げをアップさせるための、

8つのテクニックをご紹介します!


●その1:タイトルにこだわる

noteでは、ブログと同じようにタイトルを設定しますが、

タイトルを書く際は、タイトルを見ただけで、中身がどんな内容かが一目で分かるようにする必要があります。


理由は前述の通りで、noteは最近できたサービスのため、

検索エンジンにヒットされにくいことがあげられます。

いくらキーワードにこだわってSEO対策をしても、

ブログのように検索結果の上位に表示されることが少ないので、

タイトルを含めたコンテンツづくりに力を入れる必要があるんです。


noteを読みに来る読者の多くは、ブログやTwitterからが多く占めるため、

いかにタイトルで記事の魅力をひき付けられるか、人が読みたくなるようにするかが重要となってきます。


無料でnoteを販売する方には、

自分が書きたい内容やタイトルにすれば良いのですが、

noteで収益をあげることを考えるのであれば、

目を引くタイトルを、じっくり考えて設定しましょう。

▼その2:タイトルに「具体的な数字」を盛り込む

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG