NO IMAGE

【プログラミング 初心者 入門】PHPがわからなくてもOK laravelを速攻学習

  • 2020年6月2日
  • 2020年6月5日
  • Brain
NO IMAGE
【プログラミング 初心者 入門】PHPがわからなくてもOK laravelを速攻学習

【プログラミング 初心者 入門】PHPがわからなくてもOK laravelを速攻学習

マイレベ
2020-06-02 22:27:27
0 件のレビューがあります
平均スコア ">

プログラミングスクールで学習する内容をたった2980円で学べます!!


プログラミングスクールが高額なワケ

プログラミングスクールは、60万円〜80万円する高額塾です。視点を変えれば、プログラミングという、ただの情報商材です。情報商材に60万円〜80万円を簡単に支払うべきでしょうか?

今一度、考え直すべきです。

毎月3000円で学習スペースを借りることが可能な現代において、綺麗なオフィスは学習に必要でしょうか? そこにあなたが苦労して稼いだお金を支払うべきでしょうか?

やけに目にする広告。莫大な広告費を支払っているはずです。あなたが支払うプログラミングスクールの80万円の費用には、”広告費”も含まれています。プログラミング言語はどこで学んでも同じです。もしも”広告費”なく学習できるとしたら、随分節約できると思いませんか?


東京に上京する場合、100万円ほどかかるけど大丈夫?

それにプログラミングの業務をするために、東京に上京する場合、

東京に上京するのに100万円ほどかかります。つまり、あなたは稼げるかどうかわからないプログラマーになるために、プログラミングスクールの80万円 + 上京費 100万円で180万円支払うことになります。

それなら、入りたい企業に「80万円だすので、働かせてください」と言った方が説得力は増しますよね。

ですから、東京で引っ越しする費用を用意するためにも、プログラミングスクールに通わずに独学で学習する方がオススメです


プログラミングスクールの教材はわかりやすい?

そんなことないです。むしろわかりにくいです。「60万円~80万円するのだから、きっとプログラミングスクールのカリキュラムはスゴイに違いない!!」漠然とそんなイメージを持っていませんか?ハッキリ言って誤りです。

結局わかりやすさは、教材を作成する人のセンスに左右される。金額は関係ありません。費用が高いのは、広告費に当てているか、その企業の肥やしにするからであって、教材の質を高めるためではありません。それにお金があるからといって、どうやってわかりやすくするのでしょうか?

実は、カリキュラムの内容は初歩的。なんとなくプログラミングスクールを卒業すれば、企業で優秀に働けると思っていませんか?カリキュラムの内容は本に記載されているような初歩的なレベルで、採用企業はあなたを研修をする必要があります。

教材がわかりにくい理由は、「メンターありきの教材」だからです。つまり、教材単体では理解できないので、メンターがそれを補っている。本当にわかりやすい教材はメンターがいなくても理解できます。プログラミングスクールは教材に自信がないから、メンターがいるのです。メンターに質問が殺到しているので、問い合わせてもなかなか繋がりません。30分後、1時間後、ようやくメンターと繋がり理解できます。”だったら、メンターが伝えるわかりやすい説明を、あらかじめ教材に載せるべき”です。本教材はそれを目指します。

腐りかけで痛んだ1万円のりんごか、新鮮な100円のりんご

あなたはどちらを購入しますか?

それでも高額の方が質が良いと思いますか?



それでも、メンターがいたら安心?

未経験の学生がメンターをしてます。あなた同様にわからないことが多いです。一緒になってエラーなどを調べたりするでしょうが、プログラミングスクールによっては、学生がメンターをしているケースがあります。

プログラミングスクールの教材は、「メンターありきの教材」なので、メンターに質問が殺到します。メンターに質問が殺到するので

また、近年のプログラミングの人気によって、メンター不足が深刻になっています。そのため、メンターに繋がるまでに30分、1時間かかることも多く、スムーズに学習できるとは限りません。

それに、最近「MENTA」というサービスが登場したことにより、プログラミングスクールに通わずとも、現役エンジニアをコーチとして雇うことができます。1万〜2万円/月で契約できるので、80万円あれば、40ヶ月~80ヶ月雇えます。さて、プログラミングスクールの学習期間は何ヶ月まででしょうか?6ヶ月、3ヶ月だったりしますよね。そう、プログラミングスクールのメンターは高額だということが、わかります。

あなたがするべきことは、初歩的な内容は独学で学び、企業で求められるような中級、上級クラスをメンターに教えてもらうべきです。

この教材では、どこよりもわかりやすく、初歩的な内容を解説します。プログラミングスクールだと1ヶ月かかる内容を数日で理解できることでしょう。


就職保証があるから良いのでは?

騙されてはいけません。形だけの転職保証にお気をつけてください。「転職できなければ返金します」そんな返金保証にまんまと釣られて、多くの方が高額のプログラミングスクールに入会します。しかし蓋を開けてみると、返金保証を受けられる条件が非現実的だったりします。例えば、求人が798件ほどしかないのに、「毎週30社以上応募し続けて、6ヶ月継続しても就職できなかった場合、返金します。」そんなケースもあります。1ヶ月4週間で計算しても720社なので、ほぼすべての求人に応募する計算になります。確かにそれだけ応募すれば、どこかには就職できるはずです。しかし、ブラック企業かもしれません。プログラミングをしないテスターかもしれません。それなら、わざわざプログラミングスクールに通わなくても内定を得られるのではないでしょうか?

この転職保証は "”あなたが納得する企業に、就職する保証ではありません”" 。ただのセールステクニックとして記載された、形だけの転職保証に価値はありますか?

私はないと思います。もしもプログラミングスクールを検討する際は、転職保証の利用規約を熟読してから、入るかどうか検討するべきです。ほとんどの場合、返金保証の条件が明言されていません。つまりプログラミングスクールの言い分次第で、いくらでも返金されません。


プログラミングスクールだと求人も提示されますよね

はい。プログラミングスクールにとって、最も有利な条件で提示されます。プログラミングスクール経由で採用した場合、企業は手数料として50万円支払う必要があります。「50万円+採用者の年収」を採用企業は支払う必要があるので、採用側からすると高コストです。ですから求人は昔からあるSESやSIerがほとんどで、スーツで働きますし、チャットではなくメールでやりとりするなど、昔からのやり方で仕事をすることになるでしょう。あなたが憧れた、最新の言語を取り扱うこともないでしょう。また50万円の手数料分、企業はあなたの年収を差し引くでしょう。

あなたは、それを望みますか?

採用企業に直接応募することが、お互いにとって一番メリットがあるのです。それに、プログラミングスクールが持つ求人案件は、必ず一般公開の求人にも出ています。”未経験者”と"経験者"どちらが欲しいと思いますか?絶対に経験者が欲しいはずです。だから、一般公開の求人にも出すのです。


Ruby on Railsを学習した方がいいのかな?

これは誤りです。プログラミングスクールではRuby on Railsを指導しているケースが多いです。これに真に受けてRuby on Railsを学習すると、とんでもない失敗をします。

いざ就職活動を始めると、Ruby on Railsの求人は少なく、なかなか就職できません。人気の求人によっては、プログラミングスクールを卒業した100人以上の生徒が応募するほどです。1求人に100人以上応募しています。あなたはこのままRuby on Railsを学習して、僅かな求人を奪い合う戦いに参加したいですか?

さらに面接では「なぜ、多くの業務で使われるPHPではなく、Rubyを学習したのですか?」と聞かれる始末。

恥ずかしく、顔を赤くしながら「なにぶんプログラミングを知らなかったので、プログラミングスクールやインフルエンサーの言うことを真に受けたからです」と答える羽目になります。


あなたもそうなりたいですか?


初心者にオススメはPHPとlaravel(ララベル)です。

はっきり言います。

”Ruby on Railsよりもlaravelの方がわかりやすい”

そして、未経者を採用する企業も非常に多くあります。プログラミングスクールでせっかくRubyを学習したのに、結局laravelを学習する人も多いです。この背景には、WEBサービスを動かすレンタルサーバーがPHPに対応しているケースが多いからです。また歴史が長く、社会に根付いているからです。

そもそも、laravel(ララベル)って何?

PHPはプログラミング言語で、laravelはPHPで作られたフレームワークです。フレームワークとは、アプリ作成のツールキットだと思ってください。例えば、画像を編集しようと思った際に、画像編集のソフト、アプリはたくさんあり、その中であなたが使いやすいものを利用しますよね。同じように、アプリ作成にもたくさんのツールがあり、その一つがlaravelだと思ってください。そして、laravelはPHPに対応しています。


じゃあ、どうすればいいの?

私が作成したカリキュラムを使って、PHPとlaravelの基礎を学びましょう。アプリを作成しながら学べますから、プログラミングスクールよりも効率的です。カリキュラムを終えた頃には、あなたが作りたいアプリを作成できるようになります。


あなたの教材よりもUdemyで購入した方がいいんじゃないの?

【動画】+【 テキスト】だから、Udemyよりわかりやすい。Udemyの良さも取り入れながら、あなたに最適なコンテンツを作成しているので、ご安心ください。Udemyは動画学習コンテンツで非常にわかりやすいです。本教材も動画で学習できるので、それは同じです。Udemyの場合、動画だけでテキストはありません。ですから、入力間違いが起こりやすいです。しかし、この教材は動画+テキストなので、もしも入力間違いでエラーが発生しても、正しいコードをコピペするだけで改善します。【 正しい記述 】と【間違った記述】を比較することで、エラーの原因がわかります。Udemyの欠点は、初心者目線に立って説明できる人が少ないという事です。また、”成功する”ルートしか動画がないので、エラーに対応できない人が多いです。Udemyの教材は終えたけど、Udemyの内容しかわからない。エラーの対処がわからない。それを改善します。


本教材では、

【エラーがない成功ルート】+【あえてエラーを出すルート】

を動画で解説しています。だから、挫折しない。メンターが必要ない。

「世の教材はエラーが出ない成功ルートだけ」だから途中でエラーが出て挫折する。「本教材は様々なエラーをあえて表示」、だからエラーに強くなれます。もしも、あらゆるエラーが記載されていれば、挫折しないと思いませんか?世の教材はエラーまでは記載されていない。しかし、実際に学習に取り組むと小さなミスでエラーが発生します。そうなった際にエラーの見方がわからない。教材と睨めっこして、どこが間違っているのか探します。それでもわからない場合、挫折してしまう。だから、メンターが必要になる。

本教材では、【エラーがない成功ルート】+【あえてエラーを出すルート】を動画で解説しています。カリキュラムを終えた頃には、あなたは自力でエラーを改善でき、どんなエラーも怖くなくなるでしょう。

【動画】+【テキスト】+【あらゆるパターンでエラーを表示】これがこのカリキュラムの強みです。


アプリを作りながら、PHPを学習できて効率的!!

学生時代、教科書の内容をすべて丸暗記するより、実際に問題を解いた方が成績が上がった経験ありませんか?

プログラミングの教材も同じで、世のカリキュラムは一気にPHPを学習し、その後アプリ開発をします。しかし、実際にアプリ制作すると、よく使うPHPの記述は限られています。結局、使わない基礎は忘れます。だったらアプリ制作しながら、必要な分だけPHPの基礎を学習した方が、身に付くと思いませんか?

実際、この方法だと楽しみながら学習できるので、退屈しません。継続する学習方法なので、非常にオススメです!!


何を学習できるの?

  • アプリ作成に必要なPHP/laravelの基礎
  • 仕事で必須のGit/Githubの使い方

ここからがカリキュラム


0.事前準備

0-1. Githubのアカウント作成

Githubは業務でも使うコード管理システムで、コードをバックアップしたり、WEB上でコードのやりとりができるツールです。

Githubアカウントの作成(作成方法はこちら)


0-2. MANPのインストール

アプリのデータベースの情報をエクセルのように、目で見て確認することができます。業務でも実際に使用されます。

MAMPとは「Macintosh」「Apache」「MySQL」「PHP」の頭文字をとったものです。
MAMPは、これらを一括で使うことができ、PHPとMySQLの開発環境として使用できます。

MANPのインストール方法


0-3. Sequel Proのインストール

こちらもアプリのデータベースの情報をエクセルのように、目で見て確認することができます。こちらの方が見やすいのでインストールします。

MySQLのGUI管理ソフト Sequel Pro

Sequel Proのインストール


0-4. VSコードのインストール

プログラムのコードを書く際に利用します

インストール方法

Visual Studio Codeとは通称VSCodeと呼ばれ、Microsoft社が開発したテキストエディタです。

0-5. phpのインストール


0-6. composerのインストール

インストール方法


1.新規プロジェクト(アプリ)の作成

MAMPでデータベース(MySQL)を確認できるよう、htdocsでプロジェクトを作成します。

1.ターミナルの起動


2.MAMPのhtdocsに移動する

cd」は「change directory(チェンジ・ディレクトリ)」のです
#実行するコマンド = htdocsフォルダを開くcd /Applications/MAMP/htdocs#ターミナル上の見た目1$ cd /Applications/MAMP/htdocs#$の手前にhtdocsが表示されれば成功です。htdocs 名前$ 


3. 新規プロジェクトの作成

#入力するコマンドcomposer create-project laravel/laravel tweets --prefer-dist "6.0.*"#ターミナル上の見た目htdocs 名前$  composer create-project laravel/laravel tweets --prefer-dist "6.0.*"

解説

マニュアルはこちら

#最新バージョンのlaravelでアプリを作成 composer create-project laravel/laravel アプリ名#laravelのバージョンを指定して、アプリを作成 composer create-project laravel/laravel アプリ名 "6.0.*"#早くにアプリ作成をするために、 --prefer-dist をつける。マニュアルもこちらを推奨composer create-project laravel/laravel tweets --prefer-dist "6.0.*"


4. 作成できたか確認 lsを入力する

「ls」は「list」のです
#入力するコマンドls#ターミナル上での見た目htdocs 名前$ ls#tweetsが出てくれば、成功していますtweets


5.作成したプロジェクトに移動

cd」は「change directory(チェンジ・ディレクトリ)」のです
#実行するコマンド = tweetsフォルダに移動cd tweets#ターミナル上での見た目htdocs 名前$ cd tweets#下記になれば成功です。tweets 名前$ 


2.初期設定

1.VSコードを起動して、作成したtweetsを開く

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG